かつて食費に6万円ものお金を消費していた私が1か月に、25000円もの節約に成功した体験談

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

50代女性です。
毎日、1日ずつ、食べるものを買うという生活をしていたので、最低でも、一食500円かかり、一日、1500円から2000円もの食費がかかっていました。それで、トータルすると、1ヶ月の食費が 45000円から、6万円にもなり、家計費を圧迫していました。 なんとか食費を節約する方法はないか、友達に相談したり、いろんな方法を模索しました。 いろいろ考えた結果、1週間分の食事をまとめて買うという方法に、行き当たりました。もし、その悩みを解決できずに、今も放置していたとすると、食費が月に5万円ぐらいかかり、家計費をすごく圧迫していたと思います。 収入は、15万ぐらいしかないのに、5万円も食費がかかると、収入のおよそ1/3が食費に消えてしまうことになり、とても、困ったことになっていたと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

私が実践した節約テクニック一つ目は、食材のまとめ買いです。 一日ずつ、食材を買うのでは、1食500円としても、1日で、1500円と、とても、お金がかかってしまいます。 ですので、1週間分の食材をまとめて買うことにしています。 もちろん、献立も、1週間分まとめて考えます。 こうすることで、献立を考える手間も節約できますし、一石二鳥です。 ジュースやお茶などの飲み物も、1週間分まとめて買った方が、買う量が少なくて済むので、節約につながります。 野菜などは、カット野菜など、いろんな野菜がミックスされているものを買った方が節約につながります。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

エアコンは、必ず節約運転を使います。 そして、扇風機を併用します。 このことによって、エアコン の消費電力を節約できて、結果、大幅な電気代の節約につながります。 私が住んでいる所は、一階なので、外を通行している人から、部屋の中が丸見えになってしまうため、夜も昼も、窓を開けて過ごすことができません。そのため、特に、夏は暑いので、一日中、エアコンをつけることになります。 エアコンの節約運転を使わずに、普通につけると、電気代がかなりかさむことになります。 ですので、私は、常に、節約運転でエアコンを使用することにしています。 また、扇風機を併用することで、エアコンに必要な電気代をかなり節約できます。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

節約テクニックの中で、私がこれは失敗だったと思ったのは、 半年分の生活費をまとめて卸し、計画的に使うという節約テクニックです。 これは、友人から教えてもらったのですが、半年分の生活費をまとめておろし、計画的に使うというのは、私には 向いていませんでした。 というのも、急な出費や、交際費が必要になるからです。 実際に、半年も先のこととなると、計画的に生活費を使うということが難しくなって、私には、計画どおりにお金を使うことができませんでした。

節約成果発表&まとめ

食費を 1週間分まとめ買いすることで、それまで、1か月、45000円から5万円だった食費が、 2万円ぐらいになりました。 結果として、1か月に、25000円から3万円もの、お金が節約できたのです。これは、私にとって、とても大きなことでした。 節約できた2万5000円を自分のお小遣いにすることができたのです。 そのお金で、私は、月に一回、友達と食事に行ったり、好きな洋服を買ったりすることができるようになり、気持ちにゆとりが生まれました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

一人暮らしをして、節約生活をしている私から、これから節約しようと考えている人に、アドバイスできることは、大きな金額を一気に節約しようと考えると、とても難しくなるので、たとえ1日100円でも、コツコツ節約をすることが大切ということです。 塵も積もれば山となるということわざの通り、たとえ、1日100円でも、節約できれば、1ヶ月に3万円の節約に成功できます。

コメントは受け付けていません。