日々の細やかなお金の出費が積み重なると大きな出費となるため、節約を心がけましょう

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代男性です。
毎日コーヒーを仕事中に飲むのですが、会社内には自販機もなく、コーヒーメーカー等もありませんでした。ポットなどもなかったため、コーヒーを飲みたいときは外のコンビニまで買いに行かなければなりませんでした。また、毎日午前午後と2回もコーヒーを購入するため、費用も馬鹿にできない金額になっていました。もちろんコーヒー代だけではなく、食事の際にも飲み物を購入していたので、月に8000円近く飲み物を購入するために支払うのは思っていたよりも負担になり、どうにか節約できないものかと考えていました。ひとつ100円のコーヒーとはいえ、1日2回以上購入していると、月に5000円、年に6万もの出費となります。 たかがコーヒー代とはいえ、その額は馬鹿にできたものでは無いため、どうにかして節約できないかと考えていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

自宅にエスプレッソマシンを設置し、1リットルの水筒を購入しました。 毎朝エスプレッソマシンでマグカップ2杯分のコーヒーを作成し、それにミルクや砂糖などを入れ、最後に大型の氷を投入します。会社につく頃には氷が溶けて飲み頃のコーヒーになっており、毎日のコーヒー代を気にする必要がなくなりました。 また、自分で豆を購入するので好みの味のコーヒーを飲むことができ、更にコーヒー豆の代金なども毎日コーヒーをコンビニで購入するよりも格段と安くなり、お金の節約につながりました。また、コンビニに買い物にいく必要がなくなったため、休憩時間を別の事に使うことができ、仕事もはかどりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

コーヒーを入れる水筒とは別に、もうひとつ水筒を購入し、更に浄水器を購入しました。日々の飲み物代の節約として水道水を浄水器でろ過し、コーヒーを作るときと、水のまま水筒にいれ、毎日ふたつの水筒を持って会社にでかけました。 1リットルの飲み物をコンビニで購入するとおおよそ200~300円かかるため、それらを節約することができます。 また、水道水ならばほとんど元手もかからず、ジュースなどと違って糖分なども含まれていないため、健康維持にも繋がりました。 飲み物としても水は飽きないため、この週間を毎日続けることができました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

最初は自宅でお湯を沸かし、魔法瓶に入れて持っていくことを行っていました。インスタントのコーヒーとコップを持っていき、魔法瓶のお湯を使って会社でコーヒーを飲もうと考えていました。 ですが、会社には私物を置くスペースが無く、コップなどを洗う給水場もなかったため、毎日コップやインスタントコーヒーを持ち歩かなく必要がありました。 そのため、カバンの中でコーヒーの水滴がこぼれたり、コーヒーの粉が散乱したりと被害が大きく、一週間足らずでこの方法はやめました。

節約成果発表&まとめ

1日2回、場合によっては3回のコーヒーを飲んでいました。そのためコーヒー代だけで月5000円の出費となっていました。 また、コーヒーとは別に1リットルの麦茶なども購入しており、これらが毎日150円の出費で合計すると8000円近い出費となっていました。 自分でコーヒーや水を用意するようになってから、コーヒー代は月1500円程度、飲み物代は水道水の為ほぼかからないと想定し、6000円弱の節約になりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

日々の出費とは大した額では無くとも積み重なるととんでもない額となります。 私の場合はコーヒー代でしたが、例えば毎日コンビニ弁当にしている、または毎日タバコを吸っているなど、何かしら習慣としての出費があるのではないでしょうか? それらの出費を何かしらの工夫で節約できれば、それは最終的に大きな節約になると思います。

コメントは受け付けていません。