お金はコツコツと貯めておくと、急な出費の時に役立つ

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
お金があれば使ってしまっていたことから、貯金がなかなかできなかったのです。貯金をしなればと思っていたのですが、貯めておいてもついつい銀行から降ろして使ってしまうことから、貯金をすることができないんだと自覚をすることができるようになったのです。急にお金が必要になった時に手持ちに用意できなかったことがあって、先輩の上司に借りてなんとか対処することが出来たのです。もう私も40を超えた年齢になったので、貯金をしなければと思うようになったのです。私の年代では、数百万、1000万、住宅を購入した方もいらっしゃいますので、同じ年なのにとても恥ずかしい思いをしています。本来は20代からこつこつ貯金をしていれば、キャッシングをすることもないですが、足りなくなったらキャッシングすることになると予測することができたのです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

私が貯めることが出来たのは、なかなか下せない銀行に定期預金として預けることが出来たことで、その口座には一切給料日以外は、振れることがない状態にしておくのです。でも、一般的に存在する銀行に預けておくと、引き出してしまうことも考えられますので、今はやりのネット銀行にお金を預けておいて、キャッシュカードは作らないようにすると、簡単に下すことが出来ない状態になりますので、そういったテクニックを使えるようになったのです。ネット銀行ならば、支店が存在しないので、引き出す方法としては、キャッシュカードを作るか、別な口座に入金をして引き出すほかにないので、画期的な節約方法だと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

また、毎日家計簿をつけるようにして、無駄に使っているものがないかチェックをするようにしています。家計簿をつけ始めた時には、こんなに無駄使いしていたのかと思ったのです。多額のお金を手にすると、使ってしまう私の癖を修正することが出来た、お金の管理をすることには、ぴったりな方法となってます。無駄使いをしていたものとして上位にあげられるのは、携帯です。何も考えることなく毎月支払っていた携帯も節約をすれば、努力次第で節約することが出来ます。その次に、食費です。食費は考えて購入することが出来れば、安くすることが出来るのです。このように、節約するべきことは、プロにお願いしなくても、素人でも見つけることが出来るものなのです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

私がこれまでに節約をしたもので失敗したものは、貯金箱です。毎日使う分を決めておいて、余った分は、すべて貯金をするようにしていたのですが、貯金をすることが楽しくなってある程度たまったら、自分のご褒美として底をからお金を出して、使ってしまうことがありました。私自身、それでは、貯金が出来ないと思って、節約の方法を変えることになったのです。あと、似たような方法ですが、500円貯金です。500円玉しか入れられないものなので、結構貯まるかなって思っていたのですが、毎日500円は財布の中にはなく、わざと1000円札を崩して、わざと500円玉を入れるといったことをしていたのです。それでは計画して貯金はできないと思ってやめることになったのです。

節約成果発表&まとめ

私が実践したネット銀行に預ける方法やってみたところ、効率的に貯金をすることができるようになったのです。どんどんお金が貯まっていくのを初めて実感しました。それでお金を貯める喜びを知ることが出来たので、今では、普通に使い過ぎを無くすことができるようになったので、大変やってよかったと思ってます。成果は十分にあったので、生活の仕方がガラッと変わるようになりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

私のような人からアドバイスをいうのは恐縮してしまいますが、 インターネットを使う方も多いと思いますので、一度でいいので、普段のお金の使い方を家計簿につけてみるのもいいかと思います。大体の方は、使い過ぎていることに気づくと思いますので、そこから自分自身の生活面を考え直すかどうかを、考えることが大切です。人にどうこう言われるよりも、自分自身で気づいて、節約しようと思う気持ちが大切なのです。

コメントは受け付けていません。