リボ払いで大失敗した自分が20万円のお金を手にした方法

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代女性です。
所得が少ないにも関わらず二ヶ月に一度の東京遠征は止められず、いつも交通費・宿泊費をクレジットカードで払い尚且つそれをリボ払いで払っていました。当然支払わなくてはならないものなので自由に使えるお金が一万円を切ってしまうこともありました。流石にその月は東京へ行くのを止めましたがまた余裕が出来たらクレジットの支払いで東京に行くのを繰り返していました。クレジットを多用している事が親にばれて今はもう利用はしていません。多分最悪の場合、負債を払いきれず債務整理か自己破産をしていたと思います。何度かそういった事を考え弁護士に無料相談した事もありましたがそれらをしてしまえばもっと親に迷惑をかける事になると思い、自力で今支払っています。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

つもり貯金をしています。 例えば煙草を買ったつもりでたばこの代金を貯金箱に入れる、遠征に行ったつもりでかかった費用をサブ口座に入れておく。慣れるまでは大変です、品物がないのにいつの間にかお金が無くなっているのと同じような事ですから。でも毎日繰り返していく内に自分がどれだけ無駄遣いをしていたか見直すきっかけにもなりました。月給が低いのに毎日タバコを吸っていたり二ヶ月に一度東京に行ったり。勿論ストレス発散の為にお金を使うのは良しとしました、ストレスが溜まると過食に走るタイプなのでストレスを溜めるとまた余計にお金がかかってしまうのでストレス発散には惜しみなくお金を使っていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

全て現金一括払いで支払う。 クレジットのリボ払いには落とし穴がある事を皆さんもうご存知だと思います、なので私はよっぽど高額な物じゃない限り現金一括払いにしています(車・スマホは除く)。 出掛ける前より帰ってきたときに財布の中身が減っていたらお金を使ったという感覚があります、カードにはそれがないんです。カード払いしていた時期は自分が月にどのくらいカードを使っていたか全く分からないほどカードでの支払いばかりでした。なので10万円未満のものは全て現金で支払うようにしています。それでもカードを使いそうになるかもしれないと思ったのでもう親に預けて私の知らないところに隠してもらいました。高額なものを買う時だけ返してもらう事にしました、しかも親は私より帰宅時間が遅く話せる時間もあまりないのでカードを返してもらおうと思うと同時に本当に必要な物かどうか見極める時間も持てました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

500円玉貯金です。手元にお金があると全て使ってしまうたちなので貯め始めてから10日ほど経つと「もう5000円になった」といつも貯金箱を開けて自分にご褒美を買っていました。いつでもすぐに取り出せる環境にいたのが駄目だったんだと思います。そんな事を二、三回繰り返した後「自分には向いていない」と思いきっぱり止めてサブ口座に貯金する事に決めました。メインの口座と違い月に一度すら訪れる予定がない銀行にお金を預ける事でいつでもすぐに取り出せない環境を作りました。

節約成果発表&まとめ

二ヶ月で20万円貯める事が出来ました、でもそれだけ無駄遣いが多かったんだと反省しました。気持ち的には「やりきった」という達成感を味わうことが出来たのがとても嬉しかったです。生活費の足しにするために貯金していたわけではなく、自己投資の為の貯金だったので生活は変わりませんでしたが自分の未来予想図は広がりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

貯金ってダイエットと同じだと思うんです、辛くて苦しいけどそれを乗り越えた際に得られるものがある。その得たいものが具体的であればあるほど目標に向かって頑張ろうとやる気が沸いてくると思います。時には自分を甘やかしたっていいんです、ゆっくり少しずつ通帳の残高が増えていくのを見るのって楽しいものですよ。

コメントは受け付けていません。