お金の問題を乗り越えられたら辛かった時期が楽しい思い出に変わる

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
現在は離婚して一人で生活していますが、離婚する1年半ほど前まで元妻にお金のことを一切任せていました。離婚1年半前に私の貯金残高は25万円ほどにされていました。使い込んだのではなく、自分の口座に移し替えていたのだと察しがついていましたが、貯金残高25万円には参りました。住宅ローンが8万円強落ちます。車検が迫っていて15万円ほどかかります。元妻はやるだけやって、家を出て実家に逃げました。2週間ほどして子供に言われたからという理由で帰ってきましたが、信用する気にもなれない存在でお金のことは自分で管理しなくてはいけません。資格を活かして働いていますが、どんなに働いても月に40万円の収入が限界です。正に時間との勝負、運との勝負でした。元妻は実家に帰ることで問題が解消できる状態。何も対策しなければ、私は一文無しになるマイナスポイントがあります。元妻の行為は犯罪行為ですが、立件できる証拠をひたすらに隠していた。つまり元妻の親もグルになって資金繰りをしていたのです。お金の管理をまず自分がやることで取り返すことが第一歩だったと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

偶然なのですが、資金が25万円になった月に自分が実家に帰省し、山ほど干物を持たされたことが運が味方したことだったと思います。毎晩、干物だけを食べて生活し、1か月半ほど私の夕食代はゼロ円でした。調理機器はIHだったので、簡単に調理ができます!干物は私の大好物ですし、毎日食べても飽きない。冷凍保存が出来るので山ほど持たされた干物は貴重な食糧でした。エンゲル係数が運よく抑えられたというのが私の運の良さであり、この絶体絶命の時期を乗り越えられた一種の強さだったと思います。食費をどのように見直すか?かつ体が資本ですから、体に良いものを摂取するという部分について考えるべきです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

ネット銀行を使ったというのが、この時の、そして後々にも効いてくる策でした。資格を活かした労働だけでは乗り越えられない、他に方法はないのか?を考えたところ、クラウドワークス、ランサーズといった内職に突き当たりました。そして、その仕事をやってその報酬をネット銀行である楽天銀行に振り込むようにしました。楽天銀行では現金プレゼントサービスもあり、月に10円ほどになります。他の一般銀行の利息より断然良いのです。そして通帳が存在しないため、元妻に気づかれることなく小銭を蓄えていくことができました。昔からあるものでやっていくのではなく、今という時代に存在するものを使い切るくらいの気持ちで思い切ってやったことが乗り切るキーになりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

結婚生活15年ほどでしたが、他人にお金のことを全て任せてしまうということが失敗、場合によっては命取りになる危険性があります。配偶者を信用していないという訳ではありませんが、へそくりのように逃げ道を作っておかなければ、どう人間が変わるかがわかりません。今の時代、お金で人間が変わる。今どきの女性は男の価値を金銭で決めているという方が多いということも聞きます。家庭だけでなく、経営者にも言えることです。誰かにお金のことを全て任せている会社は必ず困難になります。決して全てを任せてはいけません。

節約成果発表&まとめ

一年しないうちに25万円から200万円弱にまでメインの口座の残高は増えました。200万円弱まで辿り着けば、とりあえずどんなことがあっても乗り切れます。気分的には1000万円以上、億単位の残高が欲しいところですが、乗り切れるという安心感はどん底を味わったときのことを考えると格別なものでした!正に生きた心地がしたといっても過言ではありません。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

何かを削る、節約するということにアタマを働かすのでなく、収入、入ってくるものを増やすという手段に切り替えてください。何かを削るということは自分自身の楽しみ、モチベーションも削り、良い結果を生みません。自分に何ができるか?今現在世の中にある手段で好転できないかを考えます。そして辛い時があったら、困難を乗り越えることが人生の最大の楽しさと自分に言い聞かせて、その時の自分にできる限界までアタマを体を働かせることです!

コメントは受け付けていません。