無貯金だったわたしも無理せずに、楽しみながらお金を貯めた裏技

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
貯金ができなくてすごく悩みました。就職とともに初めて1人暮らしをしたので、食費や光熱費など1ヶ月にどれくらいお金が出ていくか分かりませんでした。また事務職だったので給料もそんなに高くはなく、結局は家賃や生活費を引いたら手元に残るお金がそんなにありませんでした。なので服や遊びに行くお金もなく、もちろん貯金もできなかったのです。少しの贅沢もできなければ、まわりの友人は貯金もしていたのでこの年でこの貯金額しかない…といつも悩んでました。家電を買い替えないといけない、結婚のご祝儀など、とっさの出費に対応できないことで親にお金を借りたりしました。社会人でお金を稼いでるのに親に頼ってしまうのがすごく嫌でしたし、親からも頼りないと思われてしまうのがマイナスポイントです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まっさきに食費を削りました。できるだけ自炊をする、職場にはお弁当を持っていく、遠くても安いスーパーに買い物に行く、です。職場にお弁当を持っていくだけでそれだけで1日なん百円かは浮きましたし、お金を貯めるのに一番手っ取り早かったです。スーパーで買い物するときは例えば野菜はバラ売りしているのではなく、袋に入って大容量の分を買っていました。1人暮らしで使い切れないと思いますが、1つの食材でも調理の仕方を変えるだけでいろいろ作れましたし、冷凍保存できるものは冷凍していたので1人でも意外と消費できていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

光熱費を浮かすことです。料理をするときに、例えば野菜に火を通すときにコンロで使用するガス代するよりも電子レンジの電気代の方が安いので、あらかじめ電子レンジで野菜を柔らかくしたりました。お米を炊くのも、一度にまとめて炊いておいてご飯を冷凍しました。炊飯器で何時間か保温しておくよりも冷凍して、食べるときに温める方が電気代も安いからです。また、家電を買い替えなければならないときは、極端に安いものを買ってもすぐ壊れたり電気代も高くなってしまいがちで、少し高いものを買って電気代が安い方が長い目で見るとそちらの方がお得になるのでそこも考えて購入してました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

今日は白ご飯だけ、豆腐だけ、など極端に食費を削ることが自分には合いませんでした。何度か試したこともあるのですが、満足感が得られずイライラしたり疲れやすくなってついついお菓子を買ってしまったり、自分がもともと貧血持ちだったこともあり体調を崩して、病院に行くはめになり診察代と薬代と結局は高いお金を払うことになりました。体調が良くないので自炊ももできず、そもそもスーパーにも行けないときもあったのでコンビニでお弁当を買ったりとお金が出ていくばかりでした。

節約成果発表&まとめ

1ヶ月2000円もいかないくらいですが節約でき、その分貯金しました。スーパーで安い食材を買えると達成感を味わうことができましたし、それで工夫して調理をして食べると満足感も味わうこともできました。光熱費の節約もですが、自分のできる範囲、しかも少しのことでお金が節約できてるんだと思うともっと頑張ろうと思いました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

私は食費の節約とともに料理もある程度は作れるようになりました。初めはどうやったら節約になるか、とその都度検索したり時間がかかってましたが、慣れると早く料理もできたので今思うと一石二鳥ではなく、三鳥くらいだったのかと。お金も貯めることも楽しんでいたので、ご自分でしんどくない程度にやってみてはいかがですか?

コメントは受け付けていません。