本当に必要なものとだけ暮らしていたら、お金はザクザク貯まる

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

本当に必要なものとだけ暮らしていたら、お金はザクザク貯まる

20代女性です。
わたくしは底辺フリーターで、収入が少なく貯金は当然できていませんでした。ほしいものややりたいことに使うお金もあまりありませんでした。ただでさえ学歴コンプレックスをこじらせていてストレスフルなライフなのに、お金が無い生活は不安でさらにそれを加速させる…つらい日々です。どうしたらこの状況を打開できるのか、とても悩みました。方法としては、収入を増やすか支出を減らすかになりますが、心に余裕がないのでまずは後者からやってみようと頑張ってみました。生きているというのは、すべきことをすると同時に、楽しいこと、喜びのあることをすることでもあります。お金が無いと、心に余裕がなくなり、どんどん病んでいってしまいます。一生懸命生きているのに、どんどん追い詰められていってしまうと思いました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

今では有名な方法ですが、まず固定費の見直しということで、携帯電話をSIMフリーに変えました。8千〜1万円かかっていたのが3〜4千円になります。携帯電話に結構なお金がかかること自体がストレスだったので、半額になったことで心が楽になりました。また、私はMINEOにしたのですが、こちらは余ったギガを共有できるサービスがあり、足りないときはお礼を言って頂戴し、余ったら「いつもありがとうございます。よかったら使ってください」とタンクに補充する…ということをしていて、何気なく使っている通信量ひとつで、こんなふうに感謝し合えるんだ…と感動していい気持ちになることで、節約しなきゃという思いが癒されました。それもまた貯金をすることに対して気持ち的によい影響をもらったと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

ずばり、家の片付けです!要るもの、要らないものを分けて、要らないもので売れそうなものはメルカリで売ってお金にして貯金口座に。要らないものがたくさん出てきたことで、自分が無駄遣いを多くしていることを自覚しました。その結果、買い物しているときに、本当に必要なのか自分に問うたり、その値段だけの価値があるかと考えたりするようになり、支出がぐっと減りました。女子だとコスメや洋服が結構高いのですが、こちらもほしい!と思っても、あんなに処分したのにまた買うの?本当に着る?と自問することで一時的に気持ちを抑えて我慢し、時間が経ってもどうしてもほしいものだけを買うようにしました。高いものだとひとつで数千円するので(何万円なんていうものはハナから買えません)、これのおかげで余裕を出せたと思います。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

趣味のお金を削ることです。私はギャンブルが大好きで、今まで何も考えずに使ってきました。思えばこれのせいでお金がないのですかね。しかし、一度、ズルズルと散財している状況に、このままではいけないと思い、きっぱり辞めてしまいました。しかし、空いた時間があると、ついつい来週のレースの出走馬を調べてしまうし、暇なので土日にレースを見ていると普段だったら買ってた馬に勝たれたりして「ああ、買っていたら…」と思いストレスでした。大好きなものをやめるのは大変なストレスです。出費の多いものでも、好きならうまく付き合っていくべきです。私は成長し、今は予算を守って遊べるようになりました。

節約成果発表&まとめ

月2、3万、多くて5万円くらいでしょうか。貯めたお金の中から、時々自分へのご褒美に高い食事に行ったり、大好きな馬にドカンと賭けたりしました。なんという喜びを得られたでしょうか…。とても助かったことがひとつあり、拾って飼っている猫に手術が必要になり、費用が約15万円でした。貧乏が生き物を飼ってはいけないというのは置いておいて、今までだったら貯金が無いので払えなかったのに、払うことができ、猫ちゃんを助けられました。貯金することができたということ、そして困ったときに家族を助けられたこと、その経験が私に自信と自己肯定感を与え、成長させてくれました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

要らないものを買う必要はありません。当たり前のことですが、これは意識していないとできないのです。片付けにも通ずるところがありますが、自分にとって必要なものを残し、取り入れる。持ち物で、必要ないものは売ってお金にする。メルカリでは割となんでも売れます。そしてまだ持っていないもので、買おうと思っているもの、それは本当に要りますか?そんなに使わずに眠らせてしまいませんか?少し意識するだけで、支出を大きく減らすことは可能なのです。お互いよい節約ライフを送りましょう!努力して貯めたお金を使って得られる経験は一味違いますよ!

コメントは受け付けていません。