貯金ゼロでクレジットカード狂いの私がお金も自分も好きになれた方法

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

貯金ゼロでクレジットカード狂いの私がお金も自分も好きになれた方法

30代女性です。
給料を丸ごと使ってしまい、貯金が全くできなかったです。幸いにも親族からいただいた数百万円の貯蓄はあったものの、金銭感覚という概念がなかったころはクレジットカードで買い物をしまくり、あっという間にその数百万円は支払いに消えました。 誰にも頼れない状況になり、年齢も重ね、しっかりしなければいけないと奮起したものの、クレジットカードだとポイントがたまるからといって何でも簡単に買ってしまっていました。 実物を見られないインターネットでの買い物は失敗が多いです。給料日と引き落とし日にタイムラグがあるため、引き落とし日にお金が足りない事態に陥ることになります。 貯蓄を崩していくしかなく、また給料日前には現金がないためクレジットカードを使うという悪循環になってしまっていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

「何にいくら使う傾向にあるのか」を完璧に把握することです。まずは一か月、マネーフォワードのアプリで徹底的に出費を記録しました。レシートは必ずもらい、その日のうちに記録する。レシートがなくてもお金をつかったらその場で入力します。またそれとは別にクレジットカード用に家計簿アプリを付けました。そこでも何にいくら使ったかを記録します。それによって支払い日まで数字で把握でき、また危機感も感じて自制することができます。クレジットカードの枚数だけ家計簿アプリがあると、引き落としにタイムラグがあっても怖くないです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

食費の節約は大基本です。「メインは米」をスローガンとし、コメを10キロ単位でまとめ買いし、数日に一回まとめて炊くこと。そして小分けにして保存します。もちろんお弁当にももっていきます。どんなに朝の準備が面倒でも、「コメを持っていくだけでも自分はえらい」というのもスローガンと掲げました。 また決まった食材を固定メンバーとして必ず冷蔵庫に配置しました。ベーコン、魚肉ソーセージ、納豆、卵、葉物野菜。これらを元に日々の自炊をすることで、メニューに悩むこともないです。 誘惑がある場所には意識的に近寄りません。情報は自ら断ち切る。売り場は「何もみていない」と心で呟きながら早々と通り抜けることです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

洋服を古着で済ますことです。リサイクルショップやゾゾタウンの古着はもちろん定価で買うのがばかばかしくなるほど安いです。ですが、リサイクルショップのものは状態が悪く、ワンシーズン持っていい方だと思います。ゾゾタウンの古着はリサイクルショップより状態はいいですが、商品画像がハンガーにかかった状態のため、着丈や着用感を把握することが難しいです。また色が濃いものはディテールが見えにくく、届いて初めて「こんな柄だったのか」と唖然とし着ることなく捨ててしまうことがありました。 服や靴だけは、必ず店頭で見てから買うようにしています。

節約成果発表&まとめ

年間100万円は貯めています。節約することが楽しいです。かといって、趣味のためには惜しみません。節約をしているから、安心して趣味を楽しめる。精神的にも豊かになりました。 趣味のために生きているようなもので、自分が働くモチベーションです。それにはやはり節約がなくてはならない。いかにロスをなくすか?を考えるのがとても楽しいです。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

仕組み化してしまえば、何も辛くないです。お金を使ったら記録し、月単位、また年単位でも振り返る。続けると自分の傾向が見えてきて、自分のことをよく知ることができます。1週間でもいいからやってみたら、この楽しさがわかると思います。

コメントは受け付けていません。