徹底的に今使っているお金とその目的を見直せば、我慢不要の節約が必ずできます

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代男性です。
とにかく世帯の収入に対して、ほとんどの月で支出が上回ることに対するストレスがありました。そんなに給料が悪い仕事をしているわけではない。そんなに無駄遣いをしているわけではない。なのになぜ貯蓄ができないのか?だんだんと自分自身の性格の問題や、自己管理力のなさ、レベルにあった生活ができていない自分に対する嫌悪感などを感じるようになりました。子どもが使う備品や妻の買う服にまで細かく口出しをするようになりました。家族がお互いにお金の使い方に対して監視し合うような状況になっていくと感じるようになりました。例えば、コンビニでパンを一つ買うのも、子どもや妻に対する罪悪感が芽生えたり、飲み会に参加するにも妻の目や評価が気になるようになってきました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

あらゆるものを見直す。無駄はないと思っていても見直すとムダがあるんです。例えば生命保険です。本当にどういう時にどんなリスクヘッジをするか?という観点で生命保険を選んでいますか?調べたら、必要ないオプションなどがついていたので外しました。当然私のものだけでなく、妻の生命保険も見直しました。特に私が死んだ場合、家のローンは返す必要がなくなるので妻の保険金額は当然ですがかなり安くなりました。また、携帯電話も格安スマホに変えました。手続きは面倒ですが、もちろん月々の携帯電話料金は安くなりました。格安スマホは、プラン次第では高くついてしまうので、自分自身がどんな使い方をするか調べた上でプランを選択する必要があります。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

収入と支出にシンプルに分けた、家計簿を作成し、妻に管理してもらいました。単純にいくらお金が入って来て、いくらお金が出て行くかがわかるような家計簿をエクセルで作成し、妻に管理してもらいました。私がいくら節約しても、日常的な買い物は妻がするため、妻が管理しやすい・管理したくなるような家計簿をつくろうと思い、シンプルにしました。面倒な支出に関してはは、ひたすらどこでいくらお金を使ったかを記録するだけにしました。結果、使う月と使わない月があることがわかり、使った月の翌月は節約する意識が芽生えたり、何よりも平均していくらコストが毎月かかるかがわかったのが大きかったです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

外食の回数を減らすという目標を決めて実行する。外食を減らしても、スーパーでたくさん無駄に買ってしまい、トータルでの食費があまり減らなかった。また断れない外食もあり、それが高額だったりした場合にいくら、小さな外食を何回も我慢してもあまり意味がないことがわかりました。外食という目に見えるムダを削減すると、同レベルかそれ以上に自分たちに対するご褒美を与えたくなる心理が働き、むしろあまり効果が出にくいと感じました。

節約成果発表&まとめ

保険のみなおしで、月5000円、携帯の見直しで月6000円貯蓄へ回すことができました。また食費に関しては明確な基準値ができるので、それに対してどう使うかという行動ができるようになったので、一杯使ったからいきなり節約を強要することなどはしなくなりました。平均して多くなったか、少なくなったかで考えると今だけ何かをしてもあまり意味がないという考えになり、気持ちに余裕ができました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

切り替える時が一番大変だと思います。調べたり、解約したり、申し込みに行ったり。ですがせいぜい1ヶ月で終わります。そこを乗り越えるだけで、あとは放っておくだけでお金が余剰になると考えれば全然得だと思います。

コメントは受け付けていません。