給料全額使い果たしていたが、お金と仲良くなり月に10万貯金した話

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
毎月、収入があると嬉しくて(新卒でいままで手にした事ない 金額がもらえたため)もらえたら、あるだけ使ってしまっていました。ボーナスはクレジットカードの支払いに当てていました。 当時、大好きな芸能人がいて追っかけをしていたので毎月湯水のようにお金が消えていました。そのため自分の食費を削ったり、足りなくなると貯蓄から引き出したりしていたため全く貯蓄できていませんでした。お金の使い方を知らなかったことが1番の悩みだったとおもいます。貯蓄とお金の予算計算が全くできてなかったため、なにかあったとき(入院や車買い替えなどの大きな出費時)に困ったり、使えるお金がなくなると使っていたクレジットカードを使いすぎてしまうことが予想されました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

給料をもらったらすぐに月の予算を計画して、その通りに仕分けを行う。予算は全部ギリギリに設定し、毎月最低10万は貯蓄に回せるようにしていました。でも、芸能人のおっかけは辞めたくなかったので、そのための費用もちゃんと捻出。自分の中でキツキツにしても我慢できるとこはキツキツに設定し、我慢したくないとこはちょっと余裕を持って設定していました。ぜんぶで3つの口座を使用して管理していました。1つ目は貯蓄用。ここからは絶対に下ろさない。なにかのために10万だけは残しあとは定期貯金へ移していました。 2つ目は困ったとき用。急な飲みかいや冠婚葬祭など予定外の出費はここから出していました。ここも10万超えるなら貯蓄の口座へ移動していました。 3つ目が引き出し用。引き落としやお小遣いはここから。ここは基本少なめにしていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

目標設定をしていました。 好きなものや、自分のご褒美のためなら貯蓄も簡単です。 わたしはおっかけをしていたので年に1回は海外旅行がありました。それにどうしても行きたくて行きたくて、そのために貯蓄をしていました。そんなときくらいは思いっきり使いたかったのであまり制限せずに使っていましたが、そのためか、日常生活では出費が減りました。 無駄になんとなくで買い物をすることが減りました。 本当に欲しいものや必要なものを購入していたので回りは好きなものに囲まれ、貯蓄もできて、目標設定していた海外旅行にも行けて…とても楽しかったです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

余ったら貯金をしよう!は結局使いすぎていたり、逆に貯金しなきゃ!という気持ちから変に使わなさすぎて、お金は貯まるが同時にストレスも溜まる状態でした。 自分が気持ちよく、ストレスなく貯金できるほうが継続できるしあまり緩いと「まぁ、いっか…」となってしまいます。なので敵度にルールを決めて自分にちょっとだけ甘く。だけどやるとこはしっかりとメリハリをつけた方がわたしはやりやすかったです。決めてないとやっぱりどこかゆるゆるになってしまいました。

節約成果発表&まとめ

2年で400万くらい貯めました。貯蓄があることで気持ちにゆとりが生まれ、貯蓄してなかったときのような物欲はなくなりました。そのためひとつ、ひとつちゃんと厳選して本当に必要なものを選ぶことができるようになりました。たくさん持たないでいいものを少し。そうすることでいろんな経験もできとても人生が充実しました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

最初は失敗しても、貯蓄額が少なくても大丈夫!自分に無理のないちょっと頑張ればできる金額を探して設定していけばいいのです。だから毎月減らしたり増やしたり調整したらいい。だって、自分の貯蓄だもん。誰にも見られてるわけじゃないかり。

コメントは受け付けていません。