ストレスをためずに私らしく!それがお金を貯めるコツ!

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

32歳女性です。
体を壊して働けなかった期間が数年あるため、同年代の子たちより年収も貯蓄額も低いと思ってネットで平均年収を見ては自分と比べて落ち込んでいました。(いまもですが) 当時は月1万円の奨学金の返済も重なっており、手取りから数万取り分けていても年にたまる額は知れています。 欲しい物を欲しいだけ買うという生活はほど遠くて、将来貯蓄として3千万もいるなんて話を聞いてはあきらめモードに入り、やけになったりしていました。卑屈になってお友達と会うのが億劫になったり、必要以上に我慢したりとストレスを抱えることが増えたと思います。ふいな出費に対応できず、逆にストレスが爆発してせっかくためたお金を使いすぎてしまったり、悪循環で結局総額の貯金は増えていなかったんじゃないかと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

自分に必要な出費をすべて把握し、予算計上すること。まず、私がはじめにやったのはこのことです。家賃・光熱費・通信費・食費・被服費・交際費・交通費・ペット費・その他雑費などの項目別に月額もしくは年額でどのくらいの出費があるのかをすべて書き出してそれを月の手取りからマイナスしていくらくらい残っているのか計算しました。さらにそこから実際に貯めたい取分け貯金分の額と精査して、取分け貯金より多い金額をねん出できるように各費用のバランスを考え、自分がストレスなく生活できるような割合を決めました。緊急時などの出費についても対策し、特に紙に整理したわけではないのですが、頭の中でお金の取り扱いに関する自分らしく暮らすためのマニュアルのようなものを作りました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

月のお小遣いを決めて、給料日にお小遣い分を千円札で下して、それを3千円のセットに細かくしておく。私の場合は月2万8千円ほどなのですが、予備費として口座に5千円残した後は千円札に崩してお給料日直後に3千円のセットにして金庫に保管しておいています。だいたい日々の買い物は3千円あれば事足りますし、予備として常にお財布のポケットに小さく千円1枚を隠しています。また、ここが大事なポイントなのですが、お財布の三千円が少なくなって補充しようとするときに、その時点で入っている小銭をほぼすべて貯金箱に入れます。もし千円札が1枚など余っていたらそれも取り出して、貯金箱に入れずに金庫に戻します。補充するときに常にリセットし使いすぎ防止とちょっとしたへそくり貯蓄がうまれるので、自分にとってこの作戦は大変効果的です。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

家計簿をつけて月の支出をこまめにチェックすることは自分にとって大変苦手でうまくいかなかったと思います。レシートをもらって帳簿につけて…普段の生活の中で家計簿をつける時間が取られますし、飽きやすくめんどくさがりの私の性格上続けるのがむづかしかったです。レシートの管理も面倒でごみが増えるのでいやだなと思っていました。また、家計簿をつけなきゃというプレッシャーで億劫になり、結局帳簿を買っても手つかずで放置されています。

節約成果発表&まとめ

生活面では自分の出費を項目ごとに予算組することで、必要なものを削らず無理なく過ごせるようになりました。また、月ごとにきめた取分け貯金の額は絶対守るときめて3年になります。予算組みして決められた額を継続して貯金できるようになったので、気持ちにゆとりが出てきました。余った小銭なども貯蓄したりして、対策前は年間目標からマイナスになることが多かったのですが、いまは年間目標額プラス10万円ほど多く貯蓄できています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

ちょっとした工夫でとても暮らしやすくなります。あまりお金をためなきゃと気負わずに、できることから始めてみるといいと思います。お財布の小銭をこまめにためるだけでもチリツモでいつの間にかちょっとした貯蓄になっていたりしますので。小銭貯金ができるようになったら、じゃあ取分け貯金にチャレンジしてみようかな。などちょっとずつステップアップして一緒にがんばりましょう~!

コメントは受け付けていません。