お金は実際に現金で見ずに、通帳などの数字で見るもの

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代後半の男性です。
20代の前半は給料日になるとギャンブルや交遊費、海外旅行ににほとんどつかってしまう典型的なダメ人間、消費者金融の借金が無いのが取りえと今考えると目も当てられない状態でした。俺が経済を回しているなどとよくわからない言い訳をして現実を見ないような状態が。あるとき結婚を意識した時に全く貯金が無いのでこのままではいけないと思いながらも貯金の方法がわからず、やはりちょこちょこ使ってしまい全然貯まって行かないのがストレスでした。この状態で結婚をしても生活していけないなと思います。このまま続けていくと消費者金融などで大きな借金をして奥さんや社会的信用を失い、ローンを組むことも、携帯電話なども契約できなくなってしまったかもしれません。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

アプリで家計簿が付けられるものを使用しました。 持っていた銀行の口座をすべてインターネット上で管理できる状態にしたことと、クレジットカードや有価証券などの試算もすべて把握できるようにしました。月の収支がリアルタイムで反映させるので、無駄なお金の動きを洗うことに成功しました。今まで通帳の記帳をしてこなかったので、よくわからない月額日などが引き落とされいたりと気づかないところの無駄遣いをすべて圧縮、交遊費も月にどれくらいの金額が使われているかがすぐにわかるので今月はもう行かないなどの対策をとることができ、貯金できる金額が3倍に増えました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

格安の携帯会社に変更したことです。 3代キャリアのいづれかと契約していたのですが月額1万円前後大して電話も容量も使わないので最小の容量で一番安い格安simを探しだして乗り換えました。乗り換えの手数料、端末の残金などで7万円ほどかかりましたが、乗り換え先の月額が1,400円だったので9か月もすれば元が取れました。 幸い携帯電話の知識があったので設定なども苦ではなく、問題なく使用できています。(今は電話番号も捨てて月額690円です。) クレジットカードが無ければ契約できない格安の会社がほとんどですが、今は引き落としでも対応している会社もあるので、節約を考えている方は格安シムは本当におすすめです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

食費を減らすのは本当におすすめしません。 朝と昼はヨーグルトしか食べない生活を3か月ほど体験したのですが、仕事に支障が出るほど体調を悪化させてしましました。いまでは昼のみヨーグルトにして朝と晩をしっかりととることにしています。やってみてわかったことは食費はあまり圧縮になりませんので、ある程度に絞ったほうが良いかもしれません。実際は食費よりもコーヒーやお茶などの飲み物代を圧縮したほうが効果が実際にあります。

節約成果発表&まとめ

実家に戻ったり、車を手放したり色々行った結果、半年で100万円に行かないぐらいの貯金をすることに成功しました。 そのお金で奨学金も一括返済をして解放感がすさまじかったです。またある一定線までお金がたまると楽しくなってきて物欲を我慢すること感じていたストレスが無くなりました。今では趣味になってまして、もっと貯金額を増やすべく精進しています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

やれば誰でも出来ます。 使いまわされた言い回しだと固定費を削減することがおすすめです。 携帯電話は今の金額の1割にすることも可能ですし、手間もストレスもかかりません。財布にお金を入れないでデビッドカードで支払いをするとキャッシュバックを受けることができます。今まで支払い方法を考えるだけでだいぶ変わってきます。

コメントは受け付けていません。