食費として消えたお金を節約で形に残る財産を作る方法

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代後半です。

女性社会人になりお給料をもらったことで自由に使えるお金が増え欲しいものを買っていました。月末になるといつもお金がなく、当時は家計簿もつけていなかったので何にお金を使っているかさえわかりませんでした。そこで家計簿をつけ始めると月に10万近く使っていたのです。あまりにも食費にお金をかけており驚きました。仕事終わりに疲れている自分をいたわり好きな物お好きに買って食べ、ストレスを発散していたのでどうしたらストレスなく食費を削れるか悩みました。とにかく食費にお金が消えていたのでこのままの生活を続けると自分が肥えていき、お金もなくなるというデメリットがあると思います。また、食べてなくなるものにお金を使っていたので財産という形が残らないというデメリットがあると思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まずは積立貯金を始め、給料を予め引いてもらい残った額で生活をしていくということをはじめました。組合での積立貯金を始めたので引き出すにも印鑑を持って手続きが必要でありその過程が面倒であること、平日に時間を作って事務に行かねばならないなど引き出すにも手間がかかることがなかなか引き下ろせないため節約を頑張らざるを得ない状態につながったと思います。また、引き下ろしの手続きを行ってもすぐにはお金が振り込まれずはやくて1ヶ月後、締切日を過ぎてしまうと2ヶ月後になってしまい、急に欲しいものができても変えないことが節約に繋がりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

自分自身は食費にお金をかなりかけていることを把握していたため、1ヶ月の食費の額を決めました。そして、その中でも外食と食材費をいくら位にするかだいたい割り振り、常に計算しながら買い物をしました。そうすることで必要以上に買ってしまうとお金が足りなくなるため、一つの食材で何品作れる材料になるかかんがえ予めある程度のレシピを考え何を買うか決めて食材を買いに行くようになりました。また、買い物に行く頻度がへり無駄な買い物を減らすことができました。なれてくると食費にかけるお金の総額を減らすことができ全体的な食費の節約ができるようになりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

欲しい服を買わず我慢する方法。お金を貯めるために大好きな洋服を1ヶ月買わずに我慢しました。見るだけで買わないという方法を取りましたがずっと頭の中ではほしいという思いばかり強くなりストレスを強く感じイライラしていました。また、欲しいものを手に入れるためにも仕事を頑張ろうという思いがあったため、それが手に入らないとなると仕事へのやる気やモチベーションが低下してしまい効率が悪くなってしまいました。欲しいものを我慢するという節約は自分には合わなかったです。

節約成果発表&まとめ

30万ほど貯められました。通帳に記帳し目で見える形で貯金ができているということを確認するととても嬉しかったです。また、今後も続けることで貯金ができると思うと、少しずつ安心感が出てきました。生活面では節約を取り入れたことで無駄を減らそうという考えができ、様々なときに節約の意識がつき、効率的に行おうとするよう変化したと思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

いろいろな節約方法があります。その中には自分に合うものと合わない物があると思います。まずは試してみてどのような節約方法であればできるか試してみると良いと思います。そして、その中で自分にあった方法を継続すれば良いと思います。

コメントは受け付けていません。