お金を貯めるのは、ダイエットと同じ!意識の改善です

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。

とにかくどうしようもない浪費家でした。
実家暮らしということもあり、生活のベースが成り立ってしまっているため、生活費としては納めていましたが、とても一人暮らしをするような金額でもありませんでしたし、あるお金は使いたいだけ使うという20代前半を過ごしてしまいました。
ちなみに賭け事は一切しませんが‥。
そんな生活は良くないなぁと感じていて、その浪費グセを正さなくては!と思っていましたが、とにかく貯金、節約が苦手でした。
体調を崩して長期働けなくなったことがあり、貯金がなかったため親に立て替えもらわなくてはならなくなり、半年ほどの期間医療費をお世話になっていました。
貯金の大切さを身をもって知る機会になりましたが、働けなくなる日がいずれか来ると思うと今でも不安です。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

お給料をまず小分けにして〇〇代、△△代とすべて振り分けて管理するようにしました。
以前は、給料すべてを下ろし親に生活費として渡し、残った物を財布に入れ1カ月を過ごしていました。
食べたいものは食べ、行きたいところには行き、欲しいと思うものは我慢もせずという暮らしをしてきたので、あっという間に使い果たしてしまいます。
分けるようになってからは、分けた範囲で賄えなければその月は我慢をするという方法にし、無駄遣いが大幅にへり、使わなかったお金は、給料が入る口座ではない口座に振り込み、手をつけないようにという方法をとりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

何か物を購入する時に最安値を狙うように心がけて購入しています。
とっさに購入するのでは割と高くつくのです。
日頃、スキンケア商品の銘柄を変えることがほとんどないのでまず、安い!と思ったらお金の許す限り、買いだめをしてストイックを作ります。
例えばですが、日頃愛用しているメイク落としは、SALEの時に購入するのと定価で購入するのと3割り増しほど違いが出ます。
たかが200円300円ほどの違いではありますが、一つの商品でそれほどの価格の違いが現れるのなら総合してどれだけの節約になるのかはわかっていただけるんじゃないでしょうか!

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

お昼の食事として毎日外食をしていては無駄だなぁと感じて、手軽に準備できるという理由から毎朝自分でおにぎりを作り、持っていくようにしました。
具材は工夫するようにはしていましたが、おにぎり2、3個では飽きもきてしまい栄養のバランスも良くないなぁと感じていました。
その頃、アパレルという職業柄体型を維持しなくてはと運動していたのですが、炭水化物を中心とした昼食の食べ方はけしていいものではなく、悪循環な生活だったのだと感じます。

節約成果発表&まとめ

給料を最初から小分けにして使うことでどれほどの出費があるのか把握し、節約の意識を持つことができたのだと思います。
無駄も見えましたし、本当に必要なものなのかと考えて使うことができるようになりました。
振り分けた〇〇代の中の使い方すら変わりました。
例えば、交通費ならバスに乗っているのを徒歩にしたりして節約につなげることができました。
月に5万ほど無駄が省けました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

どんなものに使い、何が無駄なのかを見直すことが大事だと思います。
無駄をなくし、貯金につなげることはダイエットを成功させるのと似たような感覚があるのかなぁと感じています。
一時期我慢をするのではなく、意識そのものを変えなければ、いずれかリバウンド、イコール浪費を、してしまうのだと思います。

コメントは受け付けていません。