その日暮らしをしてきた彼と結婚し「お金は貯まる」と教える事が出来た秘話

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。

独身だと自分の節約方法や、我慢も発散も自分一人のさじ加減でいいですが、結婚するとそうはいきません。夫婦同じ方向を見て目標に向かうというところが、節約よりも大事な事だと思いました。お互い好きで結婚したとはいえ、お金は揉める原因になります。結婚した当初は「そんな風にはならない」なんてスウィートな考えや意見にまとまる事が多いのですが、長年付き添うとそう上手くはいかない事が多いはずです。どちらがお金を握る事になるのか、どちらも握る事になるのか、ケースによって節約方法も変わってはくるとは思いますが、同じ方向を向かなくなってきた時のケースなども想定しながら、節約に挑むといいと思います。私はどう頑張っても主人の年収を超える事が出来ないので、そこを建前にまず主人が気持ちよく仕事をして帰ってこれるようにとかなり気を張り、気分良く節約にも協力してもらえるように使う時は使う!など、メリハリをつけながら目標へと導かせました。ただ影の努力のストレスはありますが…主人からお給料もらっていると言い聞かせて節約に励みました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まずは無駄なものを買わない。これは誰もが思う事で、節約をしていく上での第一歩かと思いますが、相当な意識を置かないと大体の方が変わらず無駄な物を買ってしまっています。私はまず食品から見直しました。1週間〜2週間の家族の予定を分かる範囲で聞き、必ず家でご飯を食べる日数と献立を決めてから必要な分量だけの食材を買うようにしました。これは後から必要だな、これはよく使うから買っておこうという買い溜めをやめて、使いきってから買うという、買い物も面倒な時もありますが買い物も運動!なんていい方向に気持ちをおいてシフトチェンジしました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

コンビニに行く事をまず極力少なくしました。缶コーヒーやジュースなど目的があってコンビニに行きますが、大抵は予定じゃない物など‘ついで買い’をしてしまいます。飲料水やタバコなど毎日買うものを自宅にストックしておいて、家から持っていく・持たせるようにしました。たまにコンビニでついでに買ってしまっていたお菓子なんかも持たせ、お財布を出す頻度を下げるように心がけました。気分で今日はこれを飲みたくないなどあると思いますが、長年の家族生活のリサーチを生かし「今日はこれこれ!」と思わせるように気分良くをモットーに持参せる事に務めました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

ネット購入など、これは今もリサーチ中ではありますが「何パーセント還元」「何ポイント付きます」などのフレーズに弱く何も考えないで購入をしてしまう事があります。よく考えたら普段はもっと安い値段だったよなと気づき、ポイント還元も含めて計算しても高い値段で購入している事があるので、還元などのフレーズに惑わされないようにしないと高く付いてる事があります。コンビニになるべく行かないようにという努力が、結構無駄になってしまっていた事があるので、お得な言葉には一度立ち止まるように注意しています。

節約成果発表&まとめ

主人と1年の貯蓄目標金額を決めますが、必ずそれを越えるように貯めてきました。そして1年間、貯金額を絶対に教えないという事と1年の最後の日に結果発表するというちょっと楽しめる方法にしました。月に数回「節約にストレスがないか」「欲しいものがないか」などこちらから聞き、要望があった時は二つ返事で満たしてあげるなど、労いと感謝を口に出しての貯蓄。おかげで2年目は積極的に節約に取り組んでくれるようになりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

結婚している方にですが、お金を貯めるというよりは、お仕事をしてくれている旦那様・奥様をコントロールするという事。相手の気分が悪くなってしまっては目標も達成できませんし、同じ方向も向かなくなってしまいます。コントロールをするというのも大変ですが、目標額以上に貯蓄が出来た時、努力が報われます。

コメントは受け付けていません。