お金の流れを明確にし、五週間分を1ヶ月の生活費で考える

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代後半女性です。

一人暮らしでは、固定費はもちろんですが、食費に意外とお金がかかりました。
予算を決めていても高かったり、量が多かったりします。
食費以外にもコンビニで買い物したり、欲しい服や物を買ったりすると
予算オーバーでいつもあきらめてしまいます。
いつも欲しい物は諦めてしまうので、ストレスが溜まったときは衝動買いをしてしまう時もありました。
長くなりましたが、一番のお金の悩みは生活費が予算オーバーになってしまうことです。
生活費の予算オーバーは、負の道への始まりです。
消費者金融に手をだしたり、クレジットカード支払いになり、返済に追われると思います。
また将来の貯金、冠婚葬祭などの急な出費に対応できず、悪循環です。
お金が管理できないというのはだらしなく、計画性がない人と思われてしまう。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

お給料が入ったらまず先取り貯金を行い、その日中に家計簿をつけるようにしました。
もちろん1ヶ月分の目標金額も決めます。
家計簿は五週間分を1ヶ月として計画、生活費を振り分けます。
そうすると一年間で約2ヶ月分の給料が貯金できます。
そして固定費と変動費を明確にし、自分でお金の行方をはっきりさせます。
予算以上は使わないようにし、買い物はメモをして不要な物は買いません。
固定費の見直しも行いましたが、あまり変わらずでした。
なので変動費である食費を中心に無駄遣いしないように意識しました。
仕事帰りのコンビニも我慢します。
テクニックとしては、確実な貯金と五週間の家計簿、生活費予算をたてるということです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

固定費の中でも電気代が一番節約できます。
一人暮らしが長いとだいたい使う金額が分かってきます。
なので、電気代の予算、目標を決めてできる限り節電をしています。
みんなやっていることではありますが節約は日々の積み重ねが大事になります。
使わない電気は消す、テレビは遅くまでつけない、空調の時間決めておくなどです。
特に深夜は見たいテレビがあるかもしれませんが、空調をつけながらテレビを見てしまいがちです。
でも録画して昼間みれば、明るいのでリビングとかの電気はつける必要ありません。おかげで早寝早起きも苦ではなくなりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

ダイエットに便乗して食費を節約したことがありました。
ファスティングを試していたのですが、簡単にいえばプチ断食みたいなイメージで、食べないから食費を節約できると考えていました。
しかしファスティングの準備不足、知識不足で、断食終了後の復食期で、食べていなかった反動で衝動買いし、甘い物をたくさん食べてしまったので、ダイエットも節約も失敗でした。
またイライラもしやすかったです、
ダイエットも節約も正しいやり方でやるのが大事です。

節約成果発表&まとめ

家計簿を五週間を1ヶ月分として考えました。
一年間で給料約2ヶ月分です。
すこし日々の生活が厳しくなりますが、コンビニを我慢したら問題ありませんでした。
気持ち的には余裕が出てきますし、生活も欲しい物は諦めないで手に入れるようになりました。
お金がないと心も貧しくなります。
ネガティブになります。
今までそうでしたが、日々の積み重ねが大事と気づいたし、目標もあるので、節約しようという気持ちになります。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

最初は上手くいかないし、管理の仕方もわからなかったりして、不安になります。
ですが、仕組みを理解して、正しいやり方を学んで実践できたら、あとは貴方の気持ち次第です。
ちょっとでも今日はいいやって思えば今までの節約が一気に無駄になります。でもやってみたいと思っているなら、やらない後悔よりもやって反省です。

コメントは受け付けていません。