夫婦共働きで、安い社宅に住んで、ストレス貯めない節約をしてお金をためる!

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代女性です。

独身時代に旦那が購入した車は、中古で100万もしない車のはずだったのに、ローン会社からの引き落とし金額があまりにも高いので、疑問に思い、ローン会社に問い合わせたら、なぜか200万のローンになっていました。おそらく、中古車を修理していたら、そんな金額になったのだと思います。そのローン額の引き落とし金額がおかしいと気付いた時には、私は育児休暇中で給料はほとんどなかったので、貯金ができませんでした。なので、将来を案じどうしようと思いました。ローンをとにかく早く返さないとすごい利息金額を支払っている事実を知ったので、将来の教育資金などをためられないと思いました。それにローンがあるということだけで、精神的に不安になるし、家庭がギクシャクすると思いました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

節約するのも、限界があるので、収入を増やすことが、節約テクニックです。子どもを保育園を入れて働くことで、子どもに対して、少々罪悪感もあり、保育料がすごく高かったのですが、貯金ができるようになったので、節約テクニックは、共働きでしっかり夫婦が働くことだと思います。保育料以外にも、共働きで家事がしっかりできないので、出来合いのお惣菜とか簡単に作れるレトルト品とかの出費はあるのですが、収入が増えたので、そういう食品も買うことも、余裕を持って買えるようになったので、精神的にも余裕が持てるようになりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

夫婦で同じ職場に勤務していたのですが、古い社宅に入ることで、民間のアパートを借りるよりも、10分の1くらいの価格でやすかったので、その浮いたお金で貯金ができたと思います。古い社宅でしたので、部屋の間取りも悪く、洗濯したときの排水口が真下にないので、排水ホースをつないで、お風呂場に排水し、洗濯中は、お風呂場から冷気が入ってきたりして、不便だったり、ホースがあることで、トイレに入りにくかったり、隣や上の部屋も物音が聞こえやすかったり、色々不便でしたが、とにかく安い賃料だったので、お金がたまりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

電気や水道やガス代を節約するために、つけっぱなしになっていたら旦那に早く切ってとか、最初はよく言っていたと思いますが、逆切れされて、怒られて、私自身の精神によくないと分かったので、つけっぱなしになっていると気づいたら、何も言わず、私が消しに回っていました。しかし、光熱費の節約がいくらできたかという数値が全くわかならい節約だったので、達成感もなく、これは私だけにストレスがたまる節約だと気づいたので、やめました。

節約成果発表&まとめ

二人で30年近く働き続け、安い社宅に入ったことで、家が買えるくらいたまりました。お金があることで、余裕を持って、街にお出かけしても、色々買い物できるし、旅行もできるようになったので、心に余裕が持てました。心に余裕ができたこと、少々のことでイライラすることも減り、のびのびと生活できるように名rました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

節約本を読み、自分に合いそうなできそうな節約術は色々試してみることです。これはできないと思えばやめればいいし、できそうなものは続けてみればいいし、節約にストレスが溜まらない程度に、できそうなものはとにかく継続することです。ガンバレ!

コメントは受け付けていません。