貯金ゼロの危機的状況から月三万円お金を貯めた苦学生の体験談

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。

30代になってから資格を取るために専門学校に入学しました。
それまではお金には余裕があったのですがバイト生活になり生活費で貯金が底をつき学費が払えないかもしれない、でも学業が忙しくバイト代は数万のみ、といった危機的状況になりました。
ブランド品など高価なお買い物をしなくてもちょっとした消費でもすぐになくなってしまう。
その時のお金に対するイメージは漫画のようにお札に羽が生えて飛んでいくイメージになっていました。
今まではお金に執着してなかったのですが毎日毎日お金が足りない事への不安を考えていました。毎日お金が減っていく不安があったので学業にも集中できず、必要な教材さえ買えなくなってしまうと思いました。
また、本当に学費が払えないといった事態になったら学校を辞める訳にはいかないので金融会社から借り入れをする事になってしまうと予想し不安な毎日でした。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

精神論っぽくなってしまいますが。
まず部屋の断捨離をし、本当に必要な物を最小限にしてみました。
部屋がスッキリするとこれ以上物を置きたく無くなるので余計な物を買わなくなります。
何か欲しいものがあったらそれが本当に必要なものか、それを部屋に置きたいか、邪魔にならないかなど考えるようになりました。
自然と物への執着が薄くなり少ない物で生活できるようになりました。
また、処分したものもリサイクルショップなどに出すと全部で一万円位になったので手間を惜しまずに売って良かったです。
物に対しても家賃がかかっていると考えると小さなものでも買うのを躊躇するようになりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

一か月で交際費などの私用で使って良い金額を決めそれを日割りにしました。
例えば月3000円だったら一日100円。
その日使わなければ次の日にまわして200円使えるというルールにしていたので試験などで忙しい時は全く使わない事もあるので毎日貯金されてうれしい気分になりました。
一日100円というルールがあると自販機でジュースを買うのも惜しくなり水筒を落ち歩くようになり、買い食いは一切しなくなったのでダイエットにもなり一石二鳥になりました。
友人とお茶をしに行く予定の時は100円貯金を切り崩し「これは〇日分」と思い慎重に注文していました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

ティッシュなど貰えるものはどんどん貰う方法は私には合わなかったです。
友人がいらないからといって鞄を貰いましたが結局趣味のものじゃないので使用せず、でもせっかく貰ったのに捨てにくく扱いに困りました。
化粧品のサンプルなども使うタイミングを失いごちゃごちゃしてしまいました。
本当に必要で正に買う所だった、というもの以外は貰う節約は物が増えるだけであまり効果が無かったです。
あとちょっと惨めな気持ちになるのも辛かったです。

節約成果発表&まとめ

今まで何も考えずお金を使っていたので月3万は貯めることができ、一年続いたので36万は出費を減らせたと思います。
学費にまわしたので貯金という形にはならなかったですがおかげで借金をする事なく学業に集中でき、かなり気持ちが楽になりました。
現在は安定した収入がありますが買い食いは今でもしてません。
自然と節約するようになっているみたいです。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

最初はお金が無くてネガティブ思考になっていましたが少しづつ節約を楽しめるようになってきました。
私の場合節約によって断捨離とダイエットができました。
あまり肩の力を入れずゲーム感覚でやってみるといいと思います。

コメントは受け付けていません。