お金を節約することで得た精神と体の健康、無理の無い節約生活

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

36歳男性です。

私は給料が少なく借金を抱えていたため、できるだけうまく節約しないと、月に少ししか貯金できない状態でした。貯金を切り崩しながら食費を削り一日2食で満足に食事をとれず、健康保険や年金を滞納してまともな生活ができなかったです。お金が無いと健康な体は勿論、精神も毒されていき心の余裕は得られず人に辛く当たってしまったりで自分の回りから人が居なくなっていき、孤独感に悩まされ毎日一人ぼっちで全く楽しくなく生きている実感は無かったです。
食事を満足にとらなければ栄養がかたより、健康な状態でいれない可能性がでてきて、体を壊したら働くことができず収入が無くなり生活に支障をきたし、借金が増えて年金や健康保険が払えず病院にも行けず生活が破綻するかもしれない。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

お金を節約する為にまず自分の支出がどれほどかを計算するところから始めました。計算したら毎日の飲み物代に非常に無駄が多いことに気付き毎日缶コーヒーを3個もしくは4個買っていたので缶コーヒーを極力買わずにコーヒーの粉や麦茶のパックを買うようにして毎日400円の無駄な買い物が無くなり今までの無駄が大幅に改善されました。毎日の400円は1ヶ月1万2000円はかなり無駄なので缶コーヒーは我慢してその文は食費等必要な支出に回し飲み物よりも食費に重点を置き、極力不健康な食生活にならないように気をつけていきました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

今まではいらないものは構わず捨てていましたが、使える物と使えない物をきっちり分けて使える物はしっかり再利用しようと考えました。スーパーのレジ袋はごみ袋として使ったり、要らなくなった物はただ捨てるのではなく売れるものは店に売りに行ったり、インターネットで売るよう心掛けました。要らない物を売ればお金になるし、家のスペースが空き一石二鳥であると気付きました。そして探してみると家には要らない物が自分の予想より多く、そしていざ売ってみると予想より高く売れたりしました。自分にとって必要な物を判断していくことが大事だと思います。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

少しでもお金を貯める為に毎月の交際費を必要以上に抑えたのですがこれは自分に合わないし失敗したと思いました。確かに交際費を抑えれば節約になったのですが、私の場合は必要以上に抑えてしまい、友達からの誘いを断り続けてしまい友人に気を使わせてしまい、誘いがめっきり来なくなってしまい、寂しさからお酒に走り余計に無駄な支出が増えてしまいました。節約も自分ができる範囲で行い、決して無理をしないのが大事だと思います。

節約成果発表&まとめ

缶コーヒー一日400円をやめたら1ヶ月に1万円前後貯金に回すことができ、レジ袋をごみ袋にしたことでごみ袋がかからなくなり、また要らない物はすぐ売っていた為買ったお金の半分近くは帰ってきていました。自分の支出の無駄を省くことによって今までは全く貯金できていなかったのですが、大体3万円前後貯金できるようになり、貯金が増えて何か起こってもある程度対応できるようになり、気持ちにゆとりができました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

自分の支出の無駄を洗い出すと自分が思っている以上に無駄があり、節約出来るところはたくさんあると思います。ただ漠然と節約しようとしても難しいと思うので自分が出来ると思うところから少しずつ節約をしていけばいいと思います。

コメントは受け付けていません。