お金を無理なく貯め、目標を持って自分の為に使う節約テクニック

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
お金を貯めたいのに、交際費や洋服、化粧品代に追われなかなか貯められないでいました。かわいい服を着て、きちんとお化粧をして出かけ、たくさんの人と会う日々は充実してはいましたが、支払いに追われてばかりでこのままでいいのだろうか?とういう不安を抱えていました。お給料をもらっても、毎月の支払いを済ませることで精一杯、それでも人付き合いもあるし、なかなか思い切って現状を変えることが難しいという悩みを抱えていました。若い頃はたいして貯金が増えなくても、実家に暮らし、両親と生活することができれば左程苦労することもないかもしれません。しかし抱えている悩みをそのままにしていれば、結婚して子供ができた時の養育費や老後に影響するという懸念はぬぐえません。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

私の節約テクニックの一つは、友人と会う時に、なるべく飲食費がかさむことのないように気を付けていることです。以前はレストランで夕食を食べたり、居酒屋へ行ったりと、少しぐらいいいかという軽い気持ちでいました。今では人と会う時はなるべくランチタイムに会う(ランチセット等を食べれば食費が夕食時より安く抑えられる為)、お茶やコーヒータイムに会う(食事は済ませてある為、時にはドリンク代のみで済む)、この二点を徹底しました。一日中一緒に出掛けるよりも、ランチタイムかお茶の時間に絞る事により、滞在時間も短くて済むので、ランチやドリンク、デザートを食べてスムーズに解散することができます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

二つ目の節約テクニックは、自分の使っている化粧品を見直す事、肌質を改善する事です。今までは若い頃から使っていた化粧品、主に基礎化粧品からマスカラ、口紅などまでこだわっていました。しかし、肌質と化粧品を見直す事で、節約できると気づきました。まずたくさんの化粧品が必要な理由としては、肌のトラブルを隠すために使用することが多かったため、色々とリサーチをして肌質改善に努めました。すると、例えば今まで使っていたコンシーラーが要らなくなったり、知らず知らずのうちに自分の素肌に自信が持てて、使用する化粧品が減っていきました。基礎化粧品については、キャリアオイルやシンプルな保湿クリームに変更し、格段に節約することができています。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

節約テクに失敗してしまった例の一つは、全く出掛けない事です。はじめは、出掛けなければ洋服もいらない、化粧もしなくてもよい、食費や交際費も浮くと思い、実践にトライしていました。しかし、一週間や二週間くらいが限度で、どんどんストレスが溜まってきてしまい、リバウンドで衝動的に買い物に行きたくなってしまったり、美味しい物を食べに行きたくなってしまったりで、全く逆効果である事に気づきました。あまりストイックになりすぎるのも良くないと思いました。

節約成果発表&まとめ

海外留学に行くという目的があったので、100万円くらいは貯められました。その甲斐あって、海外留学の夢も叶い、達成感を味わうことができました。生活面では、一度節約テクニックを実践するとそれが染みついて、無理なくお金が貯められるようになりました。特に贅沢にお金は使わないけれど、今まで通りたくさんの人と会う時間も取れ、気持ちの面では、少し気を付けるだけでお金が貯まり、自分に役立つ事に使ったり、夢を叶えたりする事が可能になります。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

まず、自分の生活スタイルを見直すといいと思います。交友関係から自分の身の回りの物、そしてお金を貯めた後にしたい事など、目標を定めるといいと思います。はじめは難しいかもしれませんが、慣れればそれが普通になりますのできっと大丈夫です。

コメントは受け付けていません。