夫の求職での収入不足を、節約にて補った私の懸命なお金の節約体験談

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代女性です。
私には、来年高校に進学する娘と、来年大学に進学する息子がいます。そんな時に、間が悪く夫が病気で長期休職をすることになりました。傷病手当が出るものの、基本給の8割しか支給されないため、住宅ローンを抱えている我が家にとっては、とても苦しい状況になりました。しかも、娘も息子も学習塾に行くことを希望してたため、さらに苦しい状況に追い込まれました。そのため、私も働きに出ることにしましたが、私が働いても拙訳ぜざるおえない状況でした。実は夫の傷病手当は、毎月支払われるものの、ボーナスはもらえません。しかし、住宅ローンはボーナス払いがあります。ボーナス月のたびに貯金を切り崩していましたが、そろそろ貯金も底をつきはじめ、このままでは家を競売にかけなければならない可能性があります。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

一つ目の対策としては、娯楽費を削ることでした。子ども達には申し訳なかったのですが、訳を話してあまり遊びに行かないようにしました。また、これまでは月に2回程度のペースでファミリーレストランなどで外食をしていたのですが。それも控えるようにしました。娯楽費を削ることを決意したのは、家計簿をつけていて娯楽費が高かったからです。しかし、あまりにもお出かけしないと子どもたちがかわいそうだと思い、娯楽費にかける費用を、半年で5万円と制限を設けることで対策しました。また、旅行に行くにあたって、あえてシーズンを外して安いツアーを見つけたりもしました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

もう一つは光熱費の見直しです。特に我が家では電気代が高かったので、電気製品について使い方を見直しました。まずは、エアコンの使い方を工夫しました。夏場については温度を控えめ設定し、冬場はエアコンを使うと高額なので、ストーブを買ってきて、灯油を燃焼するタイプのストーブを導入しました。子どもたちが小さいうちは、安全性を考えて、ストーブは控えていたのですが、もう子ども達も大きいので安心して導入できました。なお、我が家はガスがプロパンガスだったので、ガス料金も馬鹿になりませんでした。そのため、料理の献立を考える時にあまり煮込まなくて住む料理を作ることを心がけました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

スーパーマーケットなどを利用する時に、平日働いていることから、週末にまとめ買いすることが多くなりました。まとめ買いをする中で、特売品があると、安い時期に買った方がお得だと考えて、特売品をたくさん購入していました。しかし、改めて家計簿を見るとまとめ買いすることで、食費や日用品の購入額が増えていることがわかり、失敗したと思いました。結果的に、まとめ買いをすることで、過剰に買いすぎて食料品を腐らせてしまうなど、まとめ買いが良くないことが改めてわかりました。

節約成果発表&まとめ

夫がまだ休職中なため、私が働いて、節約したとしても子ども達に関する出費が増え、住宅ローンもあるため、お金はたまらず、毎月ギリギリの生活をしています。しかし、節約効果は着実に出ていて、娯楽費を節約したり、光熱費を見直したりすることで、月々5万円程度は節約できていると思います。また、子どもたちが進学してしまえば、その分貯金できるのではないかと考えています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

自信がない人でも、まずは、家計簿をしっかりとつけて、どの分野の出費が多いのかをしっかりと把握しましょう。私の場合は娯楽費と光熱費が唯一削れるポイントでしたが、人によっては異なることもあるでしょう。その家庭に適した節約法をすることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。