お金を貯めるよりも使うことの方が大好きだったわたしが貯金ができた理由

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
冠婚葬祭や旅行が立て続けに続いしまい、どうしても手持ちのお金が足りずフリーローンを組んでしまいました。いざ、ローンを組んでしまったら、簡単にお金が引きおろせてしまうことがすごく楽で、あれよあれよという間に60万もの借金をしてしまいました。お金があるだけでこんなにストレスフリーなのかと思い、気づいたらどんどん欲しいものや行きたいところにいくために散財してしまい、残ったものは借金になってしまいました。さすがに60万という数字をみて、これ以上借金が増えてしまうのは、自分のお財布に負担がかかってしまうのと、いざ借金の返済をはじめたら、返済をはしてもしても全然減らないことに気がつき、かなり焦りはじめました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

一つ目はまずは自動の引き落としで、給料日にもう、別の口座にいくらかうつしてしまうことにしました。まずは先に貯金分をちゃんと確保しておいて、使える分と貯金を明確に分けてしまうことで、いつのまにかお金が貯まっていきました。分けてしまったので、もう使える分の中から一ヶ月使うようにしようと決めました。ここで楽なのは自動振り替えを、してしまうことです。自分自身で別の口座に移すとなると、やっぱり移したくない、こんなにあるなら使おうかなという気持ちが働くので、問答無用でやってもらえる設定を組んでしまった方がストレスなくできます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

お金を1週間ごとに袋分けしました。1週間はこの袋の中のお金で乗り切る!と決めてしまえば、意外と楽でした。で、もし、週末でかけたいことやしたいことがあるのなら、それも含めて予算にしておくとすごく便利です。わたしはイベント費みたいな封筒も作っていたので、イベントのときはそこにはいっているお金で乗り切る、ただもしどうしても足りないときはクレジットカードを使うみたいな、少し緩い制限というか安心感をもたせました。クレジットカードもできる限り使わないようにしてはいますが、やっぱり後ろ盾がないと不安なときはそうしていました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

家計簿ですね。いまだに家計簿は苦手です。きっと1週間何を使ったのか、もっと明確にすれば、節約が進みそうな気もするのですが、どうしてもめんどくさくなってしまい、家計簿は合わないと諦めました。いざ記載しようとすると、例えば今日は電子マネーを使ったなとかもありますし、友達と割り勘みたいなこともままありますし、そうするといくら使ったのか分からなくなってしまうことが多かったです。なので上記に記載した、書くことや記録することをやめた、お金の管理方法にシフトすることにしました。

節約成果発表&まとめ

50万を貯めることができました。借金返済まであとちょっと!といったところまできました。お金を使うことのほうが大好きなので、つい使いたい気持ちがよく勝ってしまいますが、なるべくストレスに感じない方法で貯金を進めていたので、意外と簡単に貯まったなって気持ちでした。またお金が貯まるとやっぱり嬉しくなります。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

たった50万ですが、ちゃんとうまくいきますよ。なるべくストレスなく貯められる方法でぜひやってみてください。されど50万ですが、お金を貯められたという自分はぜひぜひ褒めてあげてください。そうするとまた貯められますよ。

コメントは受け付けていません。