お金の節約は難しくない、数千円の節約が後々効いてくる

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
子供が小学校高学年になり塾代などもかかるようになってきたため、以前より出ていくお金が多く、かといって治安や住んでいる周りの人たちの雰囲気もあまり良くないので私も長時間パートをして家を開けるという選択肢を取ることができず、主人の稼ぎだけでは不安になってきました。また、子供たちの洋服代や飲食代など成長に伴って支出が増えていくという不安もありました。3年後には長男の高校受験が控えているため叙々にではありますが、不安感は増していきました。単純にお金が足りない、キリキリした生活になると思いました。年収自体はそこまで悪くはなく、かといって思い切り余暇を楽しんだり習い事を入れることができる年収帯ではないので生活が破綻するという想像よりも、子供たちの進学の幅が狭まるなどの長期的なデメリットが大きそうだと判断しました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

楽天のポイントで余っているものを楽天証券の口座に入れて証券運用し始めました。少しずつですが利益もでてきて、もともとは買い物ついでにもらったポイントなので主婦である私でも気軽に始めることができました。楽天証券の口座を開くことがまず最初の関門ですが、そこさえクリアすればあとは好きな証券会社へポイントを投資していくだけという簡単さもお気に入りです。通販で買う日用品はできるだけまとめてポイントが高くつくように計算して買うようになりました。ポイント運用を始めて半年ちょっと経ちますが、数千円ほど貯まってきています。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

出かけないこと。不用意に出かけるとついつい買い物をしたくなります。疲れたら美味しいカフェで休憩したくなるし、文房具や漫画など細々したものを買わされることも。平日や主人のいない休日はできるだけ近所のスーパーなどで過ごして、まとめ買いや買い足し日などを設けてお金を使うとき、使わないときのメリハリをつけるようにしました。買い足し日に出かけるときはたくさんお金を持ち歩かず、徒歩でエコバッグも小さめのものを使うようにして、強制的にたくさん買わないようにしました。持ち歩くエコバッグは五千円以上買うとき、三千円程度買うとき、千円程度買うとき、と大きさで使う予算を大まかに決めました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

家計簿です。何年も続けようと頑張りましたが、家計簿をつけるのが週に一回とかで、リアルタイムでお金を把握できるわけではなく、使ったお金をそのまま書き込んでるだけなので節約に関してはほとんど意味がなかったと思います。アプリも試してみましたが、レシートを撮影する手間が面倒になり結局つかわなくなりました。ある程度つけていると、毎月出ていくお金はほぼ変動しないということに気づいたのも家計簿をやめた大きな理由です。

節約成果発表&まとめ

まだ実践して数ヶ月なので、お金が貯まったという実感はあまりありません。でもポイント運用で増えていく金額を見ていると、何もないところからお金を生み出せる不思議さを感じました。たくさん貯めることはできませんが、数千円でも貯まっていくと、一ヶ月分塾代が楽になる、習い事代が楽になる、と気持ちの上で余裕ができてきました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

やらない節約よりやる節約です。食費や被服費など節約するものには限りがあります。限界を超えての節約はできません。毎月何万も貯めようとは思わず、数百円、数千円でも数年続ければ何万円もの節約になることもあります。

コメントは受け付けていません。