収入が出費を上回っていた私が、秘密テクでお金を貯めてマンション購入できた話

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
結婚後2年くらい経った時だったのですが、貯めていた貯金を全部使い切ったと妻に言われ、その時の収入と月々の支払いを計算してみたら、支払いの方が多いことに気づいたことです。会社員として、自分は普通に働いていたので、それ以上収入を増やすことも難しかったので、月々の少しずつ足りない分をどう埋めようかというのが一番の悩みでした。当時は家の食事がスーパーの惣菜やコンビニ弁当などが多かったので、食費からどうにかしないとというのが課題でした。毎月の出費が収入を上回っていたので、どこかからお金を借りないといけなくなると思っていました。借金を背負って生活していくことになったら、子供もまだ小さかったので、きちんとした食事や生活を提供できなくなるのではないかということは想像していました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

一つ目は仕事を変えたことです。電車で片道一時間くらいかかる職場に通っていたのですが、職場を車で10分くらいのところに変えて家事を手伝うことにしました。収入こそは少し減ったのですが、家庭で発生する出費の無駄を改善していくことが出来ました。具体的には、食費を出来合いの惣菜などから、手作りの食事に変えたり、生活雑貨などを広告で細かくチェックして安売りの日に買いに行ったりして少しずつ出費を抑えていきました。家事を積極的に手伝うようになって、妻のストレスも少し改善されたのか、妻の個人的な出費も減ったようでなんとか収入と出費のバランスが取れるようになりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

二つ目は通勤や外出の交通手段を車から原付自転車に変えたことです。通勤だけでも月に4000円以上かかっていたガソリン代が500円以下に抑える事が出来ました。しかも車税もかなり減りました。実際車は手放さなかったのですが、妻がいいタイミングで少し大きな会社に就職してくれたので、通勤費を出してくれる妻の方に車は譲って自分は原付で通勤するようにしました。私はサービス業なので、家族と休日が合うことは年に数回しかないので、自分だけの休日は原付で移動して買い物などを済ませ、たまにある家族が揃う休日は車で外出出来たので不満はなかったです。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

具体的な出費を細かく記入していく、いわゆる家計簿をつけるという方法は、あっていないなぁと感じました。なぜかというと、突発的な出費は必ずあるもので、例えば友人の結婚式などがあったりしたらその出費に対してどう穴埋めをしなければいけないのかとか、どうしようもないことに対して気を病んで仕方なかったので、細かく出費をチェックしていく方法はやめました。大雑把に一年くらいの期間で貯金ができているかどうかチェックしていくことで気が楽になりました。

節約成果発表&まとめ

年齢と比較すると、少ないとは思うのですが、100万円以上は貯金を貯めることができていて、かつマンションを購入することもできました。もちろんローンはあるし最長の35年ローンですが、毎月の返済も問題なくできているので生活や気持ちにはかなり余裕が持てるようになりました。仕事や家事なども集中することもできるようになったと思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

ちょっとずつの節約が、一ヶ月や一年の期間でみたら大きなものになっていきます。ちょっとずつの節約、あとは生活の中での無駄な出費についてしっかり考えることで、節約はうまくいくと思います。交通費や通信費、保険料など毎月、なんとなく固定で支払っているものを見直してみるのも節約には大切だと思います。節約は気持ち次第だと思うので、頑張ってください。

コメントは受け付けていません。