おしゃれに節約生活。お金を使わず優雅に華やかに

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
服装にかけられるお金に大変悩みがありました。その時期収入がゼロに近く、しかし仕事の人脈ができ始めた頃で、上司やクライアントが連れて行っても恥ずかしくない格好をする必要がありました。そうして人前には出ることが多く、貧乏だと思われることに大変ストレスを感じていました。ギャップ、ユニクロ、ザラでさえ高く、ユニクロで全身を揃えるのにかける1〜3万円も辛かったです。それでいて、全身ユニクロと思われるのすら辛かったです。クリエイターで、自分の個性で仕事をもらってくる職業のため、平凡、華やかさがない、貧乏くさい、個性がないと思われることは大きなデメリットだと感じていました。またやはり人は見た目で性格を想像するので、第一印象が悪くなりがちだと思いました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

タートルネックなどベーシックな形のセーター、ニットのカーディガン、丸襟とVネックのTシャツのみ、ユニクロで買うことにしました。ぱっと目にはブランドがわからず、また素材がよくやすいためです。またベーシックなアイテムは目玉商品になりやすく、うまくいくと半額以下で買えることもありました。こうしたときに色違いで揃えることで個性を統一しました。特に目が細いものを選べば上品で値段以上に高く見えます。こうして肌に合う色味を選べば顔まわりが上品で華やかに見え、お金をかけていないのに見た時にぱっと顔映りがよくなりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

アクセサリー、コート、カバン、スカートをブックオフなどで1000円以下で揃えたことです。100円、300円のものも多くありました。すごく褒められていたコートがあったのですが、これは4年以上着て2000円でした。特に柄物は流行のものと違う柄が多く、好きな柄を探せば個性的にも思われ、また顔から遠いので素材が古くなっていてもそれほど気にかかけられず、とてもよかったです。またバッグはいい状態のものがでまわることが多く、ちょっと欲しいカバンがあるときはデパートを回るよりずっと早くやすく欲しいものが手に入りました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

食費、医療費、交際費をけちることです。粗末で脂っこいご飯になってしまったり、必要以上に手間をかけて食費を浮かせることが大きなストレスになってしまいました。また痛いと思っても市販薬で我慢したり、放っておいてかえって大きな治療費につながることが多く、長い期間我慢した上にますます貧乏になってしまい辛かったです。また自分が貧乏だからと人と会わないことは、かえって助けや知恵を呼びにくいを作ってしまいました。

節約成果発表&まとめ

200万貯めることができました。気持ちとしては、お金がないときは世の中お金と思っていたネガティブな気持ちが、知恵と人脈次第でどうにでも生きていけると思えるようになりました。また我慢すればするほど成功を生むのではなく、工夫やアクション、人と楽しく過ごしたいという気持ちでますます収入を得ることができ、生活面でも精神的に健全になりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

節約をしている状態がすでに成功だと思ってください。自分の人生に工夫を凝らしているのですから。また節約は我慢をするのではありません。自分のより良い将来のために、数年後の自分が自由に楽しく生きられるように、今使うはずだったお金を将来に投資するのです。

コメントは受け付けていません。