完璧主義故に出来なかったお金の貯め方をあえてしてみる

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代女性です。
私は、完璧主義故に一万円札でないと貯金したという実感を得られなく、それ以下のお金で貯金をする事がなかなか難しい性格でした。なのでなかなか貯まりづらく、イライラしてしまったり、おろすときも、貯金をするときも全て万単位のやり取りだったために それ以下のお金を管理という管理がなくて 収支もあやふやでいた事が多々あり。でも自分の中の貯金は万単位だと、決めつけていたために いろんな誤差が生じて、貯まりづらい事にイライラする事ばかりでした。万単位というのは、なかなか大きい単位であるために そんなに頻繁に出てくるものではないので 目標も大きくなりすぎて挫折も早いし、万以下のおかねの管理もずさんだから、浪費にもつながってしまうものなので、貯まらないスパイラルを作り出してしまうデメリットがあります

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まずは、千円札だけを貯金する口座をつくりました。通帳のないキャッシュカードのみで、かつ 預け入れには手数料無料の口座をつくり そこに財布の中にこの金額は多いな、という時にこのくらいはなくても生活が出来るかな。という千円から数千円を、口座に預けていく。というシンプルなものです。なので、毎月最初に貯金する万単位の貯金額は従来よりも、1万円ほど少なくして貯金し、そこからどんどん 生活費等から余ったお金を次の日以降にも響かない額を千円専用貯金口座に預けていくっていう事をはじめていきました。お金を貯金するタイミングは2日に一度とか、そのくらいの頻度で必ず家に帰る直前にすることにしています

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

100円均一でうっている500円玉貯金箱を2つ買って、ゆるい目的貯金箱というのを作りました。 1つは、500円玉専用貯金箱。もう1つは100円玉貯金箱。 私は、500円玉貯金箱には500円玉しかだめ!という完璧主義ならではの考えがあり、500円玉ないけど、100円玉なら沢山あるのに…と悩んで結局その100円を貯金しなかったという経験を生かして、100円玉専用貯金箱も用意しました。 それならば、無理に500円玉を作らなくて済むし、100円玉を500円玉専用に入れなきゃならない罪悪感もなくなります。 そして、缶のところに自分の字でたまったらいくら、というのを書き込み使い道も書き込みます。そして、1日の終わりの財布整理の時に、500円玉があれば、500円玉専用貯金箱にいれる。 その時は100円玉は、貯金しなくても良い。 500円玉がなければ、お財布の中に400円残して、それ以上の100円は全て100円貯金箱にいれるというルールで貯金しました

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

500円玉貯金箱のみで貯金していたときは100円玉はあるのに500円がない!!のイラつきに耐えられませんでした。そして、500円玉って集めるのが難しいです。100円玉なら、手に入りやすいのに500円玉となると、 500円までの買い物を千円札、またはそれ以上のお札で買い物をしなければならないからです。 お給料から500円が生まれたとしてもそれは口座の中。手元に来るわけではないので自分で500円玉をつくらなきゃならないのが、 また浪費の元でした あまった400円は使ってしまうし、新たにお札は崩してしまうしで 無意識に浪費をしてしまっていました

節約成果発表&まとめ

その貯金の方法に変えてから、150万円ほどの貯金をすることができました。 小銭貯金は目的貯金なので、貯まれば使ってしまいますが 逆に言えば、くずす貯金というのを小銭ちょきんですが、貯金とは別に作っているので 何か大きなことがない限りは、万単位、千円札貯金からお金を引き出すことがなくなりました。 何か欲しければ、目的貯金も頑張る。 千円貯金は、お財布の浪費防止の為にやっていく、万単位の貯金は、キチンと毎月決まった額を無理ない金額でいれていく。と、やっていくと 気持ちにもお金にも余裕がでました。 貯金というドアが1つしかないと、貯まらない、下ろさなきゃ、下ろしたくないなんて葛藤したりしますが そういうのも減ってきて、貯金に対してカッカすることも減りました

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

まずは、大きな目標よりクリアできそうな目標からやっていくのがいいと思います。 大きすぎる目標、先の長い目標は、目先の誘惑に負けてしまう可能性もあります。なので 挫折してしまうことも多々あると思います。 あとは私のように、いろんなところにいろんな風にお金を貯金するのもアリだと思います。 とにかく、一般的な方法よりも、自分のやりやすい、やりがいのある貯金方法を見つけることがお金を貯める一歩だと思います

コメントは受け付けていません。