お金はあなたを豊かにしてくれる道具かつ習慣で知恵の見せどころ

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
私は、小さい頃からずっと手元にあるお金はきれいさっぱり使ってしまうタイプでした。というより、意図せずともぴったりとお会計があってきれいに使い果たすということが多々ありました。基本的にお財布にお金はあまり入れない方なのですが、入れたら入れた分だけ何かと入用で出てゆくので、不思議な感覚を覚えることも。しかし、大人になると計画的にかつお金を運用管理できたら1番良いと考え、色々なお金の運用に関する本を読んだりしておりました。家計簿も続かないし、必要なことに費やすお金も、支払って減ってしまうことと向き合うことが辛くなっていました。きれいぴったり使い果たしてしまう習慣を解決できず放置しておくと、家庭を持って子どもが出来た今、独身の時よりも思わぬ出費に見舞われることもあるし、何より自分自身の欲しいものが手に入りづらくなったりして自由が無くなることを危惧しました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

嘘みたいな話ですが、メンタリストDAIGOさんの動画で「お金についての捉え方で節約につながる感覚と、自分の小さかった頃や懐かしいと思うものを思い出す感覚が似ていて、それらが自然と節約するという行動につながっている」という心理学のお話を聞いて実践してみたことでした。具体策としては、懐かしいと思える物や写真を生活圏内に置いていつも思い出せるようにしておくことだそうです。例えば、大好きなお爺さんの写真をいつも目につくところに置いておくとか、小さい頃大事にしていたものを飾ってみるとかそういうことで大丈夫なんだそうです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

これは祖父母や両親から教えてもらった内容になりますが、お給料をもらったその日に必要経費分として封筒に分けて置いておくことです。例えば、家賃代、車検代、車保険代、車税金代、学資保険代、新築費代、新車代、旅行費代など、1年の目標額を12で割って、袋分けし、毎月分を先取りしていくのです。そして残ったお金は食費や衣類、ガソリン代などの消耗費として見える形で使っていくと、安心でした。毎月各封筒に増えていく積立金を見ると、また頑張ろうという気持ちになれるし、毎月の全体の収支も把握でき、習慣化できたと思います。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

チラシとにらめっこして、少しでも安いものを買いに車を走らせたり、タイムセールや曜日ごとのお得情報を収集することは、私には合わなかったなぁと思います。まず、小さい子どものお世話をしながらチラシをじっくり見る時間が確保できなかったこと。タイムセールや曜日ごとのお得情報に自分の予定を照らし合わせて、必要なものを買うために予定を立てることが1週間のうちに何度もできなかったこと。それより、必要なものが出来たらすぐに携帯へメモし、出先で見かけたら買っておくというやり方でストレスなく買い忘れも無くすことができました。

節約成果発表&まとめ

袋分け貯金では結婚式費用分を貯められました!懐かしいものを身の回りに置くのは現在お試し中です。でも毎月赤字が出ていたのが出なくなりました!お金を貯められて、無駄使いが無くなったなぁと実感できることや、自分が何に価値を置いているのかが分かるようになったこと、すぐに選択できるようになったことが1番大きく変化したことだと思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

お金って、きちんと向き合うと、結果自分を知ることに繋がり自然と良い循環が生まれるので、怖がらず、また諦めずにぜひ向き合ってみてください。隣の芝生は青く見えますが、自身にフォーカスしていれば少しずつでも成長が見えますし、それが面白くなると思います。

コメントは受け付けていません。