全くお金を貯めることができなかった私が一か月に7万円貯めた方法

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
私はアルバイトで、給料が少ないにもかかわらず、頂いた給料で普通に生活をし、余った分を貯金していました。 そんなやり方では貯金もほとんどできませんでした。食事も、食べたいものだけを食べるという気持ちで、外食もかなり多かったです。 マクドナルドや、王将、吉野家といった手ごろな値段のお店ばかりでしたが、月全体を通してみるとけっこう出費していることになります。また、コンビニでおいしそうなデザートや雑誌を買うことの積み重ねで、これほどお金を使うのか、と感じるようになりました。このままでは、いつまで経っても貯金ができないことに焦り始めました。私は厚生年金はなく国民年金だけでしかも加入し始めたころに比べると、保険料が高く、将来もらえる金額が安いということになります。 病気にかかっても、治療費を払えるのかという不安も感じてきました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

何といっても食費の節約です。 今までは、外食、コンビニ弁当の他、家でご飯を炊くときでもスーパーでお惣菜やお刺身を買っていました。それを改め、基本的に自炊、2週間に一度は外食というルールを設けました。 業務スーパーなどで食材をある程度まとめ買いします。それをクックパッドやyoutubeの動画で、自分の好きそうな料理を検索し、真似をして作るようにしました。 これがすごく楽しくて勉強にもなり、レパートリーも増えていきました。特に野菜を多くとることも心がけたので、健康的でしかも食費も節約でき、一石二鳥になりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

2つ目は家計簿の作成です。 以前はレシートをもらってもすぐに捨てていました。 家計簿の作り方もyoutubeで検索して、真似をして作りました。食費、生活雑貨、薬、その他と項目を作り、その日買い物したレシートを財布から出してエクセルに打ち込みます。 一か月の目標を3万5千円に設定して、現在いくら使って、残りがいくらかが一目で分かるようになりました。 さらに、一週間分のレシートを捨てずにとっておき、自分で無駄遣いしたな、と思うものにチェックします。もちろん、自分へのごほうびなどはケチらずに、買うことも大事だと思います。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

食費を極端に節約しようとして、かえって反動がきてしまったことがあります。 安く済ませようと思うあまり、例えばお肉を節約して野菜だけで料理してみました。 そうすると、段々我慢できなくなり、一回くらいならいいか、と外食をしてしまいます。すると次の日もまた外食をしてしまい、結局何もしていない時よりも高くついてしまいました。 ダイエットに似ているように思いますが、長続きさせるには、適度なごほうびを自分にあげることが大切だと思いました。

節約成果発表&まとめ

節約を始めてから、一か月7万円貯金ができるようになりました。 光熱費などの自動引き落とし用の通帳とは別に貯金するだけの通帳を作りました。 毎月25日の給料日に銀行に貯金をしに行くので、通帳を見るのが楽しくなってきました。 まずは目標の100万円が貯まった時は達成感を感じ、自信がつきました。 そうなると、200万円が貯まるのもあっという間でした。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

それぞれ給料や家庭の事情も異なるので、自分に合った無理のない節約をすることが大切だと思います。 食費、節電はすぐに実践でき、効果もすぐに現れるので、やりやすいと思います。 どこにお金をかけて、どこにお金をかけないかを考えてみるのがいいと思います。

コメントは受け付けていません。