エネルギーを節約するだけでお金が20万円貯まるようになりました

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代男性です。
北海道在住ですが、ガス代が高くて支払うのが嫌になってしまうほどの金額が毎月請求されていました。特に秋~冬は寒さを凌ぐ為、ガスストーブを毎日使用していました。その結果、ガス代は夏より高く請求されてしまいます。現在は節約テクで問題が解消できたので以前より改善されましたが、会社勤めの新入社員時代は車のローンの支払いもあり、給与もそこまで高い訳ではなかったので、遣り繰りするだけでも大変でした。生活費・車のローン・水道代・電気代・ガス代等と全て負担しなければなりません。会社の付き合いや急用で出費しざるを得ないこともあったので困ることだらけでした。間違いなくお金は貯まりません。節約せずにいたら、お金だけが逃げていきます。逃げたお金はよっぽどのことがない限り戻ってきません。限られた給与や稼ぎで1カ月暮らさなければならないと考えると、残業して稼ぐか副業して稼ぐといったことが必要になったと思います。労力も掛かることからデメリットしかありません。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

ガス代と電気代を比較すること重要です。恐らく、北海道の場合はガス代より電気代のほうが安いことが殆どだと思います。その為、電気代のほうが安ければ、電気ストーブや電気ヒーターを使用したほうが安上がりになる場合があります。私の場合はガスストーブの使用を止めて、電気ヒーターとエアコンの暖房を併用して冬を乗り越えることに成功しました。もちろん、電気代はガス代より安くなりました。ガス代が安くなった分、生活費や趣味にお金を回せれるようになりました。これに気付いてからは、ガスから電気に変えれるものは全て電気式に変えました。ガスコンロからIHコンロにするといった感じです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

ガスはストーブ以外にも、クッキングヒーターやお風呂でも使用されています。ガス式のクッキングヒーターを電気式に変えると、ガスの消費を避けることができるのでガス代が浮きます。お風呂もシャワーばかり利用しているとガスも消費され続けることから、浴槽にお湯を張ってシャワーでお湯を無駄遣いしないようにするとガス代が浮きます。何より、エネルギーを無駄遣いしないことが重要です。電気も同様ですが、見ていないのにテレビやパソコンをつけ続けたり、家にいないのに電気を付け続けたりしても意味がありません。ただの無駄遣いなので、無駄遣いしないように心掛けることが大事です。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

ガス代や電気代を抑える為、使用制限を独自に設けていました。例えば、ガスは1日1時間、電気は夜12時までと制限を設けていましたが全て失敗しました。まず、時間の管理に手間が掛かることに原因がありました。製造工場のように全てデーター化されてディスプレイに表示される訳ではないので、使用時間を忘れてしまうことがよくあります。そして、冬場はストーブを使用しないと大変なことになるので、時間制限を設けても身体に悪影響を及ぼしてしまいます。必要外使用しないのは大事ですが、時間制限を設けることは無謀だと思い知らされました。

節約成果発表&まとめ

節約するようになってからは、毎月1~2万円ずつ貯まるようになりました。なので、節約だけで半年で10万、1年で20万円近く貯めることができました。節約だけで20万円/年のお金を手元に残すことができたので、経済面で余裕を作ることができたと思います。生活費や趣味に充てることも可能です。節約しないよりしたほうがお得だということが実感できました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

エネルギーを無駄遣いしないということを心掛ければ問題ありません。自然と手足が動くようになります。節約することを命令的に捉えるのではなく、自分自身の生活習慣に取り込むことが大事です。生活習慣に取り込み、無駄遣いしないようにする癖を身に付けておくだけ十分です。

コメントは受け付けていません。