貯金なしのギリギリ生活からお金を貯めれる健康な人間に

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

20代男性です。
「若者が貧困」という言葉をききます。私もその一部で、支払いが多く低賃金であること。少しでも出費を減らし、ちょっとしたものや少し良い食事をしたいと思っていました。 都会に住んでいないので車が必須の地域になります。車の借金、保険や免許の支払いなど若者にとっては大きな金額です。 少しの贅沢もできず会社を往復する生活。 少ないボーナスは車関係の修理や点検、タイヤの買い替えなどに消えていき貯金ができない状態でした。食事が安定しなく不健康になること。 楽しみがなくストレスが溜まる生活。 プライベートのコミュニケーションの不足。 健康に響く病気や精神的な病気になる可能性があることを何度も想像しました。こんな生活を続けてはいけないと思っていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

まず、必要かどうかということを考えてみました。生きていくのに必要なものだけにしようと考えました。ネット回線や月額のものを解約。保険の見直し。健康面を考え近場は徒歩で出かける。また、食事はコンビニや外食がメインでしたが自炊に変更。 自炊は楽しく、食費の節約やストレス解消にもなりました。また、飲み物は会社の販売機で購入していたのですがジュース類をやめ、ホームセンターで水をまとめ買いしました。健康面や精神、金銭面的にも余裕ができました!! このように自分の普段の生活を変えていくことが重要だと考えています。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

食生活とは別に必要なものなのかと見分ける、考える癖をつけることにしました。一人暮らしを始めてから2年ほどですが、買い物に行ってしまうと新しいものがほしくなったり機能性が高いものを見てしまうと衝動買いする癖がありました。買ってもほとんど使うことがなく家の隅っこに置いてあるだけの状態です。このようなものをすべて捨てるか売りに出し、身の回りを整理しました。整理した後は買い物に行っても一つ一つ必要かどうか考えるようにし、無駄な購入を少なくすることができました。家の中もすっきりして金銭面的にも余裕ができました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

我慢するということにも挑戦しましたがこれはあまりよくない方方法だと感じます。食事を抑えたり、少ない安い食事にしたり、ジャンクフードや手軽な食品に頼ってしまったことは失敗でした。体調が悪くなることで仕事が円滑にできなかったりミスが多発しました。精神的にも体調的にも悪くなり、病気にかかってしまうことやケガで逆に出費が出てしまいました。私が考えるに我慢ということは出費につながる最悪な節約手段だと私は考えています。

節約成果発表&まとめ

毎月ギリギリの生活から3万ほど浮くようになりました。自炊する楽しみを覚えたので無駄なお金を使うことなく生活することができています。健康的な生活や食事をしているせいか体調が良くなり病気にかかることはほとんどなくなりました。まだ半年ほどしかたっていませんが継続的に続けられるように努力していきたいと思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

必要ないものを省くということは重要ですね。我慢しない範囲で必要かどうか考えてみましょう。我慢することはマイナスにつながりますので絶対しないように。我慢するのではなく無駄な支払いがあるはずなのでそこを見極めていきましょう。

コメントは受け付けていません。