お金は居心地の良いところにいます、寄ってきます、動きます

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代男性です。
20代では全く貯金をせず自転車創業でやりくりしていました。 やはり年が経つにつれ冠婚葬祭、家族のイベント 家族の病気など今までなかった出費が出てくるようになり何かあったときのために貯金をするべきだと感じました。金は天下のまわりもの使わないとダメだと決めつけていたので無駄なものことにお金をたくさん使いました。お金を使うことの意味を知らずに使っていた。 お金の使われ方を知らなかった。お金の気持ちを考えたことがなかった。自己破産をして車を買うのも部屋を借りるのも携帯買うのも現金じゃないと買えなかったり、保証人が必要になり自分一人で物事の決断を進められない状況になります。審査が通らないほど恥ずかしいことはないと思います。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

小銭は全て郵便局のATMに預け入れしました。 1円玉・5円玉もコンビニ・スーパーのレジであー面倒くさいなと思われながら使われるのではなく気持ち良く入れるとこに置いてあげようと思い実践しました。休日や時間があった際郵便局を見つけた際に小銭を全部預け入れしていました。毎回どのくらいあるのかと計算されていくのが快感になり。小銭もっと出ないかなと小銭をためる癖がつくようになりました。たかが1円されど1円でどんどん預け入れしていけば1円も大活躍です。最終的には1年で30万円ほどたまりました。現在も続けております。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

常に五千円札も財布の中に入れました。 なぜこれをしたかというと1万円札は最後の砦なのでなるべく使用しないよう五千円札で賄うようにしました。千円札はサクサク使えるものなのでなるべく千円札は入れないようにしてコンビニなどに行った時も財布の中身に千円札が入ってないと、あ、やっぱりやめとここうとなりお金を使う機会が防げました。1万円札 は財布の1番奥にしまってずっと待機させておく方法をとったことで無駄使いは減った気がします。また五千円札をキープするのも結構難しくなるべくお釣りで五千円さつをもらうようにしました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

1月1日から一円からスタートし日々一円ずつアップさせていく方法が私には会いませんでした。 1月2日は二円、1月3日は三円となっていくのですが貯めようとするときにその分の入れるお金がなかったりで面倒くさくなり1月20日ごろにはすでに挫折しました。やってみて気づくこともありますのでこれは経験として捉え自分ができることを続けていこうと改めて思いました。大雑把なO 型の性格には合わないやり方かもしれないです。

節約成果発表&まとめ

80万円ほどたまりました。 ある程度ないと選択肢が広がらないと気づきました。何をするにも 結局お金が必要なのが殆どです。1回きりの人生そこで妥協するのかそれとも本当にしたいこと欲しいものを買うのかツールとして必要不可欠のものがお金です。余裕があると自分のためではなく他の人のために使うようになりお金を使う幸せ度が倍増したように思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

継続は力なりです。やってみる続けるしか術はありませんのでやりましょう。あとは甘い囁き妥協に打ち勝つことです。 ライバルは常に自分自身、敵は”妥協”という二文字です。 とにかく楽しみながらできることを見つけることです。

コメントは受け付けていません。