自由に使えるお金が在ると心に余裕と貯める楽しみが出て来る

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

60代男性です。
お小遣い制だったので一月の小遣いが足らずに月末になるとお昼代を削っていました。とても苦しくて人と飲みに行く事も出来ず、特に夏場になると仕事終わりに仲間同士でコンビニ寄って缶ビールを1本飲む事が楽しみでしたが、それも出来なくなり、タバコも箱だけはいつも吸っている物でしたが中身は一番安いタバコを詰め替えていました。吸いたいのを我慢してとにかくお金が掛からない様にしていました。勿論ビールもお預けでお金を増やすために色々と考えていました。月初めにお小遣いをもらい増やそうとして遊技場に行くようになりました、勝つときは良いのですが負けると1月の小遣いが全く無くなりカードローンの借り入れを考える様になりましたが、カード破産が予想されたのでとどまっていました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

節約テクニックの一つ目は遊技場の出入りを完全に絶った事です。依存症に近く時間と月初めは勝負の日、一日で小遣いがなくなるか、増えて一月余裕で過ごせるかの生活が何十年と続きました。月初めに儲かったとしてもそのお金でまた増やそうと思い行ってしまいます。結局は負けて月の終わりは変わらずに一文無しです。面白いものでお金が無い時の方が多かったので、無いのに慣れてしまっていました。唯毎月思う事が在りました。それはもう辞めようという事です。お金を手にするとこれが最後と思い行ってしまっていました。しかし、此れではいけないと思いきっぱりと辞める事にしたのです。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

節約テクニックはタバコをやめた事です。此のたばこ代は毎日買うと気にならないのですが、500円として1日2箱吸えば1.000円掛かります。一月31.000円も掛かり、年間を考えると役370.000万円も掛かるのです。日に2箱ならまだ良いのですが遊技場など行って遊んでいるとあっという間に2箱を吸ってしまい、合計4箱も吸うのです。此れが毎日だと一月60.000万円年間720.000万円も掛かる事になります。考えて見れば何のメリットも無いし健康にも悪いので辞めようとしましたが中々辞める事が出来ずにいました。この金額を考えると此れから先は無理なので辞める決心をしました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

節約の失敗談は、此れで終わり、後一回だけ、これが最後、などと理屈をつけて辞めようとしても逆にストレスが溜まって逆効果と言う事が在りました。頭の中では分かって居るのですが、やりながら、吸いながらこれが最後だと思えば思うほど量が増えて行く様でした。辞めなければと思えば思う程ストレスになって行きました、毎日がストレスでこれじゃだめだと思い、別に辞めなくても良いのではないかと思う事にしたのです。少し気分が楽になりました。

節約成果発表&まとめ

実際に両方辞める事が出来て50万円程貯める事が出来ました。生活面では可なり余裕が出て、パソコンが壊れても現金で買う事が出来たり、欲しい物と言ってもちょっとした物は値段を気にすることなく買う事が出来る様になりました。今までのぎすぎすした気持ちが無くなり心の余裕がなんとも解放感を味わう事が出来て何とも言えない気分です。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

先ずはタバコなど無意味な物を吸ったりギャンブルなどのをしている人はきっぱりやめる事をお勧めします。たばこに関して言えば、月に幾ら年間幾ら掛かるのか自問して見て下さい、ばかばかしくなり、スパッと辞める事です、まず1日吸わない日を作って見て下さい。次に2日、出来たら日を改めて3日と増やしていくと辞める事が出来ると思います・

コメントは受け付けていません。