お金を愛していなかった私がお金を愛し快適ライフを手にいれるまで

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
私か決して浪費家ではありませんでした。ブランドものも豪華な食事にも無縁だし、毎日の生活は地味で、貯金があっても、それもなくなるにちがいないという思い込みがありました。お金は汚い、自分はお金に縁がない性格だという気持ちが、お金のありがたさを感じられない心につながり、そうありながら実際コンビニやファーストフード、また携帯電話の通信費などにだらだらとお金を使っていました。自分の生活が締まりがなく、活力がない状態を自分で作っていたのに、さらにだらだらとして「どこかで貧しくてもいいや」「貯金がなくてもいいや」という貧乏脳に陥っていました。まず、お金のことに限らず、向上心や挑戦心がなくなり、チャンスに投資することができにくくなります。 「このお金でスキルアップしたらお給料も上がる!でもお金使うの嫌だしどうせうまくいかないしめんどくさいし、やーめよ」というような、ネガティブな生き方になります。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

お金を使うとき「将来この支払いは役に立つのか」と考えることです。買った瞬間価値が下がっていく浪費や嗜好品を控え、またセールや値札に縛られず「これは重要でいつどこで使うからいる」「これは安いだけで、自分の人生にはなにも与えてくれないから買わない」と、財布の中身は自分の人生のためにあると強く意識するようにしました。 前は、安いからと言う理由でしっくりは思っていない服をいくつも買ってすぐ捨ててしまったりすることありました。今は値段関係なく気に入ったものをひとつ買うだけで満足します。結果、貯金が増え、空いたスペースで明るい将来を考えられるようになりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

通帳を「生活のための通帳」と「将来のための通帳」に分けたことです。「生活のための通帳」は、月々の固定の収入を固めていったものです。臨時収入があったときはつい「ご褒美!」といってすぐ使いそうになるものですが、臨時収入は全て「将来のための通帳」に入れます。そしていざというときの病気怪我、海外旅行、仕事上の大きな買い物などにそなえます。そうすることで生活に落ち着いた一定の安定が生まれ、体重維持のように過度なご褒美や禁欲に頼らず、使いすぎることも使いすぎないこともない、適度な金銭欲で暮らせるようになりました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

1週間買いだめの自炊。スーパーにしきりに行って余分なものを買ってしまうより、買い物を一週間に一回にして食費を決め一週間分の食材を買うという方法。一人暮らしだと、なかなか計画通り帰ったり自炊に向かえないことが多く、食材をよく余らせてしまいました。また食材の保存にも手間がかかり、いらない手間が多かったように思います。私にはどちらかというと、大まかな必需品だけを買い、そのあとたりなかったものがあるときちょっと買い足すような買い物の方がコスパがいいなと感じています。

節約成果発表&まとめ

自営業32歳女性で250万貯めました。貯まるほど、お金を動かすことが楽しくなりました。「今月はぐっと支出を抑えてこれを買おう」「しかもポイントつくからクレジットで買おう」「そのポイント分でどこどこへ行こう」などと、行動的にお金のことを考えられるようになりました。気持ちも前向きになり、やりたいことが増えました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

やりたいことやかなえたい夢があるのですよね。それならば節約も貯金もやれると強く願ってください。あなたはお金に振り回されるのでも、節約そのものを生きがいにするのでもありません。ただ夢をかなえてくれるお金のことを大事に思ってください。そしてお財布といっぱいあなたの夢についてのお話をしましょう。

コメントは受け付けていません。