無理のない節約術で、年間お金が100万円浮いて悠々快適ライフを満喫

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
急にリストラされることになり、手当金のみで生活することになりました。今まである程度安定した収入が得られていたので、焦りを感じ生活そのものを見直さなければいけない状態に陥りました。光熱費や通信費、食費がどれくらいかかっているのかもそれまでは無頓着で、稼ぐことよりも節約して生活そのものの改善を図った方がいいと感じました。それまでは余裕があってお金に関して強く悩んだ事はなく、リストラされてから急に不安になりました。赤字になって貯金を切り崩すことに不安を感じました。少しならばいいのですが、あまり貯金を切り崩したくないという気持ちは強かったです。最悪生活出来ないんじゃないかと当時は焦っていましたが、今は目処が立っています。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

保険を見直しました。今まで親戚が保険会社に入っていた関係で国内の割高な医療保険、生命保険に入っていました。親戚には申し訳ないですが、自身の生活が最優先なので即座に解約しました。また火災保険も他社へと変えました。これだけでも年間でかなりの金額が浮くということがわかりました。ほけんの窓口など相談窓口もありますが、全て自分で調べました。元々健康で入院歴等がないため、保障は若干少なくなりますが、それでも多少の余裕はあります。無駄は省けた爽快感もあります。必ずどこかに無駄があるので、見直すというのも楽しいというのが率直な実感です。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

食費を見直して自炊をメインにしました。それまではあまり料理をしたことがなかったので、簡単な料理すらまともに作る腕は無かったです。外食やコンビニの弁当任せで、無頓着でした。しかし自炊をメインにすることでかなりの出費を改善することができました。最初は簡単な料理からレシピサイトを調べて、食材費が月額どれくらいになるかを計算して限度額を設定しました。無理し過ぎると少食で栄養不足に陥るので、安いスーパーや時間帯、通販サイトも色々と調べてバランスよく安くストレスのない食生活を送ることに成功しました。なによりも料理の腕が上がって楽しみも増えました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

フリマアプリサイトでしょうか。安物買いの銭失いになるリスクがあると感じました。焦っていたので、とにかく割安と感じると衣服や本を買う習慣があって、実際の説明と異なっていたりトラブルになる可能性が高かったです。またスマホやパソコンだと現金で支払っている感覚がないので、よほど自己管理能力がないと流されやすい側面があると感じました。衣服は今は安くいいものが買えるお店もありますし、本も図書館で借りて読むことも可能なので、フリマアプリサイト活用での売買はやや失敗したと感じました。

節約成果発表&まとめ

年間で100万弱は浮きました。なによりも自分でやることが増えて楽しいと実感出来ることが多いです。光熱費や通信費も安くすることが可能なんだと新しい発見がありました。サービスはほとんど同じでお金が浮くなら、後者を選ぶのは当然のことです。まだまだ知られていない節約術はあります。新しい発見はとにかく楽しいと感じています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

まず携帯料金や通信費、光熱費を見直してみましょう。今は自由化の時代でサービスとしてストレス無く楽しく節約することが出来ます。ネット会社もたくさんあります。それぞれの生活スタイルに合った会社を選ぶ事により、同じサービスで節約は可能なのです。

コメントは受け付けていません。