カードローン残高40万円!家計簿不要で借金返済&お金を管理できるようになったその理由教えます

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代女性です。
複数のカードローンで総額40万円ちょっと借金がありました。仕事のストレスで貯蓄もないのにショッピングでクレジットカードを利用したり、カード払いにしていた携帯電話料金をリボ払いにして、毎月の支払いを遅らせる形を取ったりしました。前職で在籍していた際、家族から生活費を借りることもありました。このままではいけないと思い、マイナス資産から卒業するために、一念発起して、節約に関するブログを参考に実践を繰り返し、今では家計簿不要で家計管理をしています。お金のことばかり考えていて、プライベートも仕事も集中できないことがわかります。仕事では、小さなミスを繰り返ししてしまいます。これでは、もっと大きなミスをしてしまうのではないかと、物事に集中できないとわかりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

徹底的に支出を見直すことから始めました。携帯料金、生命保険など毎月支払わなければならない固定費から、カードローンの借金での支払いや残金、車を利用するので、車の税金・保険や車検用の費用やガソリン代金やオイル交換等のメンテナンス代金などの金額を全部書き出しました。そこから、月々に支払うものは生活費とともにいくら必要なのかを計算しました。1〜2年で必要なものは、現在の月から実際に使う月まで何年何ヶ月必要なのかを計算し、その期間で割り、いくら積立していけば良いのかを導き出しました。支払いの流れと用途を理解することで、何がどのくらい必要であるのか、はっきりと見えてきます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

ネット銀行を利用して、ATM利用手数料など、無駄な手数料は一切支払わないような体制を作り、実行しました。そうすると1円1円が大切に思えるので、無駄な手数料を発生させることがなくなります。ATMに関しては、時間外はもちろん、コンビニATMでも発生させないように、銀行口座の知識を得て、通常の口座とネット専用銀行口座をフルに活用して、ゲーム感覚で家計管理をしています。いかに、無駄な手数料を支払わないか、持っている銀行口座から徹底的に見直しました。必要であれば、口座を開設し、不要だと思うのであれば解約を考え、銀行口座も整理整頓をしています。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

生活費の袋分けのお金管理です。「これは食費のお金、これは娯楽費」など、生活費から細かく袋分けするのが、自分には合いませんでした。毎月同じ金額ではないので、予想がしにくく、計画が立てづらいことがわかりました。改善策としては、1週間1万円で、1ヶ月5週として生活費を毎月5万円と設定し、そこから、食費や、日用品代などを出すこととしました。1週間1万円で、余れば好きなものに使っていいこととし、足りなければ、計画的にお金管理ができていないという課題も見えてくるので、家計簿不要でも問題ありません。

節約成果発表&まとめ

車の車検等、支払わなければものもあるので、いくらとははっきり算出できませんが、マイナス40万円は支払い終えていますし、使わないお金も少しずつ貯めることができています。何にいくら必要なのかを算出できているので、気持ち的には、足りないっていう不安は解消されました。(老後には不安ありますが)ただ、計画的にお金を準備できる体制を作ることができたので、一つの自信となっています。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

まずは、簡単なところからやってみることだと思います。私はマイナスの資産からのスタートでしたが、お金管理をゲーム感覚で始めたことにより、少しずつできるようになったことが、成功に繋がったと実感しています。アプリのゲームより、面白いです。

コメントは受け付けていません。