即効で20万越え!だらしないお金の使い方を変えたら財布の中が変わった話

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

40代男性です。
私のお金に関する悩みは、ルーズなお金の使い方をしまう事でした。とにかく使い方がルーズで、大きな買い物などはしないのに、とにかくお金がありませんでした。家電や旅行や豪華な食事。ギャンブルやお酒など。使った記憶がしっかりあれば納得もするのですが、本当に記憶になかったのです。ものすごくルーズな感じが自分でもしました。しかし長い間、対策する気にもなれませんでした。何となくめんどくさくて、始めることが出来なかったのです。お金がルーズに出ていき、それがなにに使われたか分からない場合、まともに貯金が出来ません。お金が残る場合があったとしてもかなり少ない金額になってしまいます。それにこういっただらしないお金の使い方は、私生活でのだらしなさにつながっていきます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

家計簿、と言うと大げさなので、お小遣い帳です。できる限りレシートは貰うようにしておき、帰宅後にお小遣い帳に記入します。後で見直して反省したり考えたりするためです。レシートはできるだけそのまま貼り付けます。そのためにA4のノートを使います。日付、行った場所、もともと財布に入っていた金額等をまず記入します。そしてその日に使った金額を記入します。もちろんだいたいで良いので(レシートがないもの)何にいくら使ったのか、財布にある残りの金額も記入します。これで何となくお金が財布から消えていくという事態を防止することが出来ます。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

お金をどういう風に扱うか、ということにはその人の人生観が表れます。だから人生観のほうからアプローチは出来ないか。そう考えて色々物色したあげく、断捨離関係の本にたどり着きました。断捨離は怖いイメージがあり、なかなか踏み切れませんでした。やってみてなかなか踏ん切りがつかなかったのですが、少ないながらもものが捨てられました。お金と関係あるのはそこからです。断捨離はものを捨てた後、自分のテリトリーにあまりものを入れません。自分の生活圏内をシンプルに保ち出来るだけものを増やさない。そう努力することで、浪費を抑える事が出来ました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

メジャーな節約方法で、一月で使う予算を決めるというものがあります。ひと月分の予算をを四分の一ずつ四つの封筒に分けて用意し、一週間なにが何でも決めた額以上は使わない。これを一時期試してみたのですが、非情に苦しい思いをして挫折しました。私にとってはただただ不安なだけでした。確かに予算通りにすれば簡単なのかも知れないですが、意外にあたまを使うのです。出費のたびにあたまの中で真剣に考える必要があったので、辛かったデウス。

節約成果発表&まとめ

だいた二十万強です。流石に三十万は行きませんでした。まず気持ちに余裕が出てきました。そしてお金を使ってものを増やすこともしなくなりました。現在もお小遣い帳は続けていますが、酷い出費はあまりありません。凄く頑張っているとは思いませんが、自然に続けることが出来ています。お金について前よりずっと意識的になりました。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

私はだらしない人間ですが、節約は楽しかったです。お金が貯まることも利点の一つです。それ以上にしょうがない自分が色んな事に気づいて変化していく所が楽しかったです。ましな人間に変わっていく所などダイエットしているみたいで楽しかったです。

コメントは受け付けていません。