「自分自身のために」楽しく節約して、ラクにお金を貯めよう

【注意】絶対お金を借りたい、お急ぎの方は必ずコチラからご覧ください。

30代男性です。
毎月そんなに大きな額の買い物をしていないにもかかわらず、銀行の預金通帳の残高が、ほとんど増えなかったことです。日本の未来は不安定で期待できそうにありません。ですから、将来のことを考えて貯金していく必要があるのに、なかなか増えていきません。自分なりに節約をしたりしているつもりでしたが、上手くいかずストレスや不安を抱えていました。どうするばいいのか方法がよくわからなかったことも、悩みになっていました。将来的にお金のことで苦しい思いをするのかなと考えていました。例えば病気になってしまった時の治療費などの支払いや、車や家を購入した時のローンの支払いです。仕事も安泰ではないので、急に退職することになってしまった時の蓄えがないのは不安です。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その1

スマホ用の家計アプリを導入したことです。とても簡単に使うことができるものです。お店でもらったレシートをスマホのカメラで撮影するだけでデータになるという優れものです。このアプリを使って自分が何にどれくらい使っているかを把握しました。その結果、何となく本屋で雑誌や本を買うことが多くてそれが結構な出費になっていることを発見しました。発見してからは、なるべく買わないようにしましたし、どうしても買いたい本や雑誌だけネットで注文するようにしました。ネットだと他の雑誌や本を見なくていいので、あれもこれも買いたくならないですしポイントもつくからです。そうした結果貯金できるようになりました。

わたしはこれでお金を貯めましたテク、その2

昼食をなるだけコンビニで買わないようにしたことです。以前は会社の近くのコンビニで毎日のように購入していました。コンビニで買う飲料やパンは、会社の最寄り駅から歩いて5分のスーパーならばもっと安い値段で売っています。スーパーは会社に行く道と反対方向にあるので少し面倒ではありますが、スーパーに朝寄って購入するように変えました。一回の購入額はそんなに差がつかなくても、10回20回となるとコンビニとスーパーではだいぶ差が付きかなりの節約になります。それが月単位や半年で考えると、もっと差がつきます。最初は面倒くさかったのですが、今は慣れました。

節約失敗!うまく行かなかったお金を貯める方法はコレ

目標の貯金額まで貯めたら高価なプレゼントを自分自身にしても良いと決めて、節約することです。具体的に言うと海外旅行や、有名ブランドのちょっと高い腕時計を買うみたいな感じです。自分にとっては、目標額が遠くなってしまい途方もない目標に向かって節約して貯金をする気がかえって失せてしまいました。今思えばもっと手軽なところに目標をおくべきだったかもしれません。自分の場合毎月コツコツ貯まっていく額を見て楽しむ方が合っていました

節約成果発表&まとめ

約一年間で100万円くらい貯めることができました。毎月必ずこの額を貯金するとは決めていなくて、コツコツと楽しみながら続けていった結果の額です。貯めることができて、漠然と将来に対して不安に感じていたものが、だいぶなくなりました。こんな感じで貯め続けていけば将来急な出費があっても対応できるという自信がついたのだと思います。

お金を貯めたいあなたへミニアドバイス

まずはやってみるのがいいと思います。すぐに自分に合った方法が見つかるわけではないと思うんです。いろいろやってみれば、自分に合った貯金方法や節約方法がきっとみつかるはずです。楽しみながら少しづつやっていけばうまくいきます。

コメントは受け付けていません。